超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年05月14日23:06

軽くだるく歩く奈落の底の様な街で後悔ばかりして生きてる

家のサボテン「ミドリちゃん」の花が咲いた。前回は、3年前だったか・・・考えてみれば、娘が生まれる前なんだよね。サボテンの花。希少性も含めて、なんだかとっても奇麗な気がするんですよ。おすそ分け。さてさて。約束通り、世界最後の絶対的秘境と言われている「北センチネル島」についてでも書こうか。この21世紀において、まだ人類が未到達の数少ない場所のひとつ。ただ、それは、めっちゃ深い深海でも、アホほど危険な山や...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軽くだるく歩く奈落の底の様な街で後悔ばかりして生きてる
2015年05月14日23:06      cat  :  気分
家のサボテン「ミドリちゃん」の花が咲いた。

前回は、3年前だったか・・・

考えてみれば、娘が生まれる前なんだよね。

サボテンの花。

希少性も含めて、なんだかとっても奇麗な気がするんですよ。

おすそ分け。

150514aaaaaaaaaaaa.jpg

さてさて。

約束通り、世界最後の絶対的秘境と言われている「北センチネル島」についてでも書こうか。

この21世紀において、まだ人類が未到達の数少ない場所のひとつ。

ただ、それは、めっちゃ深い深海でも、アホほど危険な山やジャングルではない。

むしろ、絶海の孤島。透き通るように青い海と、白い砂浜の楽園。

しかも、すぐに行ける。

でも、人類が未到達の場所。

それが、「北センチネル島」。

人類が未到達なんじゃあない。人類は住んでいる。ただ、今現在の文明が未だ入り込んでいない。と言う方が、正確かも知れない。

そうなんだよ。人は住んでるんだよ。この島。

ただ、その人類(部族)は、徹底した排他信仰によって、外からの文明を全て拒み続けている。もちろん、今も。

アフリカとか、アマゾンにいる、観光客相手にだけ着飾ってる部族とは違う、本当に、完全に文明を拒み続けている人たちが住んでいるんだよ。

これまでにも、幾度となく接触を試みた事があるけど、その全てが拒絶され、近づくと攻撃された。

たまたま漂流してしまった人間は、殺されてしまい、その遺体の回収すらさせてもらえなかった。

島の地形が変わるほどの地震が起きたとき、島があるインドの政府が、救援物資を渡そうとしたときでさえ、その船やヘリを攻撃してきたとかなんとか・・・(そもそも、接触がないんだから、向こうからしたら、何されるか分かったもんじゃないだろうし、受け入れる訳ないんだけど。)

結局、インドは、この島の人たちと接触することをあきらめ、完全独立自治区として、何にもしない宣言を10年くらい前に出した。その後は、完全に不干渉。

ついでに、この島は、深い森に邪魔されて、航空写真や衛星写真でも、何も見る事はできない。

だから、この島にいる人たち(センチネル族と呼ばれている)が、どんな生活をしているのか、何人くらいいるのか、どんな言語を使っているのか、文字はあるのか、何を食べているのかさえ何にも分かってない。

もしこのまま、センチネル族が滅んでしまった場合、現状、同じ時間に生きていながら、彼らの言葉はロンゴロンゴと同じであり、彼らの生活様式は、モヘンジョ=ダロと同じになってしまうかもしれない。

そう考えると、何か分からんけど、ゾクゾクするのはオレだけか?

このご時世に、何も分かっていない同じ人間が、行こうと思えばすぐに行ける所に存在していると言う事実。

ただ、昨今、この「北センチネル島」があまりにも有名になってしまったため、冷やかしから、冒険家までが、こぞってこの島に上陸しようとしてるらしい。

危惧されているのは、その為に、彼らが、インディアンやインディオ、インカ文明のように、(さすがに虐殺はないとしても)外部からもたらされた全く耐性のない(と言うか、島に存在しなかった)疫病などによって滅びてしまうこと。

実際に、あり得てしまうこの事実が、何より怖いよね。

そっとしておくべきだと思う。

でも同時に、オレでさえ、興味を持ってるし、自分で行きたいとは思わなくとも、センチネル族については知りたくてウズウズしてるんだよ。

人間の業は深く、それ故に、別の業を生みだしてしまう。

負の連鎖はとどまる事を知らない。

もう一つの約束。

今日は、iPhoneが手元にあったので。

150514bbbbbbbbbb.jpg

今日は、やらないでマンガを描こうかな。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。