超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年05月10日22:42

キーワードは【4231】【8462】【john】【ada】【cell】

バイオハザードは取り合えず、(↑)な感じになったので、もういいかな。と、弟に話したら、「1時間50分切ってから、語れ」との事で・・・でも、もういいかな。また、気が向いた時にでもやるよ。さてさて。今日は、母の日だそうで・・・仕事柄、季節のイベントの市場規模などについては、いろいろ調べてた。(まぁ、小売り関係する人なら、誰でもそうだろうけど。)ビックリしたのは、母の日の市場規模。オレは、ネット通販しか知らな...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キーワードは【4231】【8462】【john】【ada】【cell】
2015年05月10日22:42      cat  :  気分
150510aaaaaaaaa.jpg

バイオハザードは取り合えず、(↑)な感じになったので、もういいかな。

と、弟に話したら、「1時間50分切ってから、語れ」との事で・・・

でも、もういいかな。

また、気が向いた時にでもやるよ。

さてさて。

今日は、母の日だそうで・・・

仕事柄、季節のイベントの市場規模などについては、いろいろ調べてた。(まぁ、小売り関係する人なら、誰でもそうだろうけど。)

ビックリしたのは、母の日の市場規模。

オレは、ネット通販しか知らないけど、実は、年間イベントにおいて、母の日の市場規模は最大。(だったはず)

順序としては、「母の日」→「お歳暮」→「お中元」→「バレンタイン」→「ホワイトデー」→「父の日」→「敬老の日」らしい。

何とも悲しい順位だ。

これを単純に大切にしてる人順で考えるなら、「お母さん」→「親戚や、その他他人」→「恋人」→「お父さん」→「じいちゃんばあちゃん」となると言うことか・・・

とは言え、単純にそうも言えない。

例えば、「敬老の日」とかは、実は、近年どんどん難しくなってきてる。

孫がいるのに、「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼ばれるのを嫌がる若造りジジイ、ババアが増えてきていること。晩婚化、高齢出産化、少子化が進んでいることなどによって、どうしたって、「敬老の日」は盛り上がりにくくなってると言う事情があったりするからね。

それに、贈り、贈り返しと言う行事は意味ないからやめようと言うのが、最近の若い人の傾向で、そう言う意味で、「お歳暮」「お中元」もこれから、さらに敗退していくだろう。

結婚してる人が少なくなったことで、恋人状態でいる人も増えてきてるから、「バレンタインデー」「ホワイトデー」が増えてきてるのも実は、納得。

離婚してしまった40代バツイチ同士が、もう結婚はこりごりと言うことで、恋人通しのままでいる。みたいな状況も割とあり(特に、バブル世代に多いらしいけど)、そう言う人らは、年甲斐もなく「バレンタインデー」「ホワイトデー」(ついでに「クリスマス」)をいつまで経っても、高校生ばりに楽しんでいる。

そんな社会の状況など諸々を鑑みた上で、それでも、どうしても納得がいかないのが、「母の日」>「父の日」。しかも、この市場規模、10倍くらい違うんだよ。

オレも一応、お父さんなんですよ。

だから、この結果が悲しい。

きっと、年頃の娘とかに、「親父キモイ」って言われてるんだ。もちろん、「父の日」だって、何ももらえたりしない。そして、「お母さんには、プレゼントね。」みたいな、そんな家庭が多いんだ。

悲しい。

今日も、そんな冷たい家族のために、「ATM」と嘲笑されながらも、黙々と嫌な仕事をこなしながら、お金を稼いでいるんだ。

お父さん。

何か、本当に悲しくなってきた・・・

そして、なぜか、オレも早く元気になって、仕事をしなくちゃ・・・と思うようになった。

いつまでも、貯金切り崩しで、お金に気を使いつつな生活を、嫁子どもにさせちゃあいけない。とね。

バイオハザードやってる場合じゃなかったかも・・・

次は、コードべロニカやろうかと思ってたけどな。

ちなみに、オレは(と言うか、うちは)毎年、「母の日」も「父の日」もやってますよ。

でも、もう親父もおかんも、もうじいちゃん、ばあちゃんなんだから、敬老の日になるのか?

どうなんだろう・・・

その辺の線引きが難しいんだよね。




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。