超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年03月20日23:04

林檎もぎれビーム

タイムリープと言うものがこの世にはある。分かりやすく言えば、時間跳躍。つまりは、時間を飛び越えてしまうと言う・・・言ってみれば、オカルト染みたお話ではあるのだけれども。それでいても、実は、世界中でこのタイムリープ現象については報告があったりする。つい最近(・・・でもないか)では、未来からやってきた「ジョン=タイター」なる人物がネット上に現われて、洒落にならないような予言(と言うか、自分のいた世界で...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
林檎もぎれビーム
2015年03月20日23:04      cat  :  気分
タイムリープと言うものがこの世にはある。

分かりやすく言えば、時間跳躍。

つまりは、時間を飛び越えてしまうと言う・・・言ってみれば、オカルト染みたお話ではあるのだけれども。

それでいても、実は、世界中でこのタイムリープ現象については報告があったりする。

つい最近(・・・でもないか)では、未来からやってきた「ジョン=タイター」なる人物がネット上に現われて、洒落にならないような予言(と言うか、自分のいた世界での過去の出来事)をして消えたりもしている。

オカルト界の常識としては、タイムリープの話の中で度々並行世界、パラレルワールドと併せて語られることが多い。

自分の居る時間軸の上では、移動することができないため、タイムリープするためには、自分の世界とは違うパラレルワールドへの移動を利用し、その時に、時間軸が戻ったり進んだりした地点に降り立つことで、タイムリープすることが出来ると・・・まぁ、そんな話ですよ。

その関係上、長い時間移動すればするほど、本来自分のいた世界からかけ離れたパラレルワールドに移動してしまう。そんな、危険性もはらんでいる。らしい・・・

実に、面白い。

やり方も実にいろんな所に溢れている。

中でも一般的なのは、「明晰夢」を利用する方法らしい。

実際、先日もこのやり方でタイムリープに成功した奴が、2ちゃんに君臨して、そこから数日間に起こる出来事を全て予言し的中させていた。

・・・と言う事で、さっそくオレもやってみようと思ったわけですよ。

実は、ここ最近(先日話した「ヴォイニッチ」辺りから)並行世界について、異常に興味をもってて、行ってみようと何度か試みたりしてた。(オレの場合は、異世界と言った方が正しいんだけど。)

行ってしまうと、戻れないと言う、怖い話もあるんだけど、それはそれ。

やっぱり、好奇心には勝てないわけですよ。

結果・・・何と、「明晰夢」を見る事には成功した。

ここで、その世界の人間になる事が出来れば、おそらくは、異世界へ行けたような気がしないでもないんだけど・・・そこで、急に怖くなってやめてしまった。

ヘタレなんだよ。

同じやり方で、タイムリープも出来る・・・らしい。

オレのやってる「明晰夢」を見る方法は、深く瞑想をしながら、体の神経一つ一つの感覚を少しずつ消していくやり方。そのうち、体が宙に浮いている感覚に襲われ始める。(この段階で、幽体離脱は成功してるらしいけど、目を瞑って居るので判んない。)

その状態をキープしつつ、頭の中に情景を浮かべながら眠りに落ちると、あら不思議。

その情景の「明晰夢」が見れちゃうんだよ。

実際に、これをやって戻って来れなくなっちゃうと申し訳ないので、具体的な感覚を消す方法とかは、一応内緒にしておくけど、こんな感じだ。

(まぁ、毎回見れるわけでもないから、運の要素も相当強いんだけども。)

タイムリープの場合は、この最後の頭に浮かべる情景を、過去の戻りたいタイミングにすることで、その過去の「明晰夢」が見れる・・・らしい。

さてさて。説明は以上だ。

そして、先日、それを試してみた。

たまたまうまくいって、体が宙に浮かんでいるような不思議な感覚になった。

いつのタイミングに戻ろうか・・・考え始める。

・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

ない。

仮に、タイムリープ出来たとして、オレがやり直したいタイミングがなかった。

いくら考えても・・・

今にして考えてみれば、今日、今の瞬間まで、オレは、奇跡にタイミングと選択で、最悪なスタートから、今のそこそこ幸せな状況までこれたと思ってる。

例えば、高校入学の時に戻ったとして、演劇部に入らなかったらどうだろうか・・・

例えば、大学卒業の時に戻ったとして、漫画家を目指して上京していたとしたらどうだろうか・・・

などなど・・・

どのタイミングに戻ったとしても、今の現状とは違う未来になる。

娘はおろか、嫁とも出会えなかったかもしれない。(戻る時間が長いほど、違う世界になってしまう関係上。)

それはそれで、良い未来かも知れないけれども、今の世界の現状を知ってる身としては、そんなのは嫌だ。

じゃあ、試しに数日前に戻ると言うのはどうだろうか・・・?

数日前に戻ったら、オレはまた、嫁のために同じ内容のお誕生日DVDを作るのか?

あの、長い時間かけて描き切ったマンガの見開きのシーンをまた描くのか?

・・・それもメンドクサイ。

結局、その日は、そのまま戻ってきて、一旦目を覚ます。そして、気持ちを落ち着けて、普通に寝た。

それから数日。

何と言うか、タイムリープやろうと思わなくなった。

どこかのタイミングに戻ると言う事は、得てきた何かを失うと言う事なんだよ。

やり直すと言う事は、積み上げてきたものを失う事なんだよ。

・・・と、ここまで思いつつ、先日買ってきた、小畑師匠の新作、「all you need is kill」を読んだ。

凄まじくリアルで怖かったですよ。

関係ないけど、子どものころ見て、トラウマになって何日もうなされた絵がある。

山下清のかいた(切り貼りした?)「清の見た夢」と言う作品だ。

これも、もしかしたら、無意識下で見た異世界の「明晰夢」だったかも知れないね。

d10.jpg

少々強引に結び付けてみましたよ。

「明晰夢」とか、「タイムリープ」とか、「並行世界」とかについて、詳しくは、またその内・・・または、ググればいいと思う。

ちなみに、今日の話、実践する時は、自己責任で。

まぁ、そんな事言っても、やってしまえば、どうせこの世界のオレとは、もう会えやしないから関係ないんだけどね。

ユア ライフ テェンジス エブリシング!!


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。