超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年03月11日10:40

【志茂田さんマンガ堂】とりあえず2ヶ月目の結果発表

志茂田さんマンガ堂アップから2か月。先月に引き続き、今月1か月の人気ランキングなどなど・・・また、やってみようかと思っております。先月と比べた感じ、リピーターの割合が増大し、新規アクセスが減った感じ。あと、日曜日に基本的に更新を心がけてはいるんだけど、それは別にアクセスには関係ない感じです。気が向いた時に、フラッと見に来ていただければ、それで僥倖でございます。相変わらず、ロシアからのアクセスが定期的...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【志茂田さんマンガ堂】とりあえず2ヶ月目の結果発表
2015年03月11日10:40      cat  :  志茂田さんマンガ堂
志茂田さんマンガ堂アップから2か月。

先月に引き続き、今月1か月の人気ランキングなどなど・・・また、やってみようかと思っております。

先月と比べた感じ、リピーターの割合が増大し、新規アクセスが減った感じ。

あと、日曜日に基本的に更新を心がけてはいるんだけど、それは別にアクセスには関係ない感じです。

気が向いた時に、フラッと見に来ていただければ、それで僥倖でございます。

相変わらず、ロシアからのアクセスが定期的にございます。今月は、マレーシアからもアクセスがございました。

まぁ、いいか。

ちなみに、今月の地域別は大阪→東京→ロシア。


ではでは、今月の志茂田さんマンガ堂まとめと言うことで、今月の読まれたマンガランキングでも、紹介してみます。

別に、見たくないと思うけど、単なるオナニーです。気にしないでください。

出来れば、嫌がらせのように、毎月11日に、このランキングを・・・とも思ってたりするんだよ。来月も多分やるよ。



第5位
短編「アンチスーサイダー戦場へ赴く」

高校生の頃にノートに書いた短編。

結構お気に入りだったので、後々に曲にして使いまわしたりする位には、お気に入りの話だったりする。

とは言え、内容が単純で安っぽい反戦ものな感じもする。

今なら、もう少し違った角度から、戦争を題材にして描けそうな気がするんだけど、何と言うか、戦争もの自体あんまり描きたい題材じゃあないよね。

中二病全盛期だからこそ描けたお話だと思う。



第4位
First End 第7話 『ヘライ村事件 後編』

超絶不人気の「First End」のはずが・・・なぜか、この話だけポッと出にアクセスがあったりした。

なんでだろうって考えてたんだけど、思いつくのは、ブログの方で、「1ページ目のTOPO」をことを書いたことくらいかな・・・

良く分からないけど、ありがとうございました・・・




第3位
やみ。世界 第1話 創造の時間(前篇)

先月に引き続き、なんだか3位。

もう、トップページのサムネイルとかも、消え去ってると思うんだけども・・・それでも、読んでもらえてるのだったら、単純にうれしい限りでございます。

昨日の記事でも書いたけど、まだ、序章の序章すら始まってない程度で、これから長々と続くので、気長にお付き合いくださいませ。




第2位
us 第8話 Be True

第2部「ステアケイト」編の最終話。

個人的にも、結構好きな話なので、うれしい結果でございます。

アスは、ほかの話もある程度満遍なく読んでいただいているみたいで・・・何とも、感無量です。



第1位
短編「口頭無形」

意外な1位。「口頭無形」とは・・・

先月、短編はあんまり読まれないかも・・・とか書いてたけど、全然そんな事もないのでしょうかね・・・よくわかんないや。

取り合えず、個人的には、これまで原稿に描いた中で、「夜誘う麦わら帽子」とこの「口頭無形」が相当な自信作。

完成度で言えば、「口頭無形」が一番だと思っております。

思っておりますので、ありがたい事で。

いや、ホントに。



と、まぁ、そんな感じですな。

では、(生きていれば)来月も11日に、同じノリの記事でも書きますので・・・





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。