超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年03月03日22:27

コネで入った江戸幕府

ひな祭り用に、巻き寿司を作った。毎年作ってる気がするんだけど、年に1回しか作らないので、毎回初めて作るかのような感じで作ってる。今回もそんな感じ。ぎゅ~ってやったつもりだったんだけど、少し甘かったような気がする・・・チョッと柔らかいと言うかなんというか・・・まぁ、それでも、喜んでくれるだろう。と信じている。写真・・・とろうと思ってたんだけど、忘れておりました。取り合えず、試食した感じは、おいしかっ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コネで入った江戸幕府
2015年03月03日22:27      cat  :  気分
ひな祭り用に、巻き寿司を作った。

毎年作ってる気がするんだけど、年に1回しか作らないので、毎回初めて作るかのような感じで作ってる。

今回もそんな感じ。

ぎゅ~ってやったつもりだったんだけど、少し甘かったような気がする・・・

チョッと柔らかいと言うかなんというか・・・

まぁ、それでも、喜んでくれるだろう。と信じている。

写真・・・とろうと思ってたんだけど、忘れておりました。

取り合えず、試食した感じは、おいしかったよ。うんうん。

娘は、「崖の上のポニョ」が面白いみたい。

あんな支離滅裂としながら、色んなものを暗喩してるようなお話・・・子どもが受け入れるのか・・・?と思ってたけど、実は逆で、子どもだからこそ、あの物語を、素直に受け入れて、そのまま楽しめるんだろうね。

あの話を純粋に楽しめる。

と言うのは、子どもじゃないと出来ないんだろう。

ただ支離滅裂としてるだけなら、誰でも作れるかもしれないけど、そう見せつつも、子どもが興味を持って最後まで見る事が出来るお話にすると言うのは、普通にお話を作るよりはるかに難しいと思う。

天才のなせる業ですな。

でも、「崖の上のポニョ」・・・なんだかんだで、「もののけ姫」と同じくらい凶暴な映画だと思うんだけど・・・あんなものを子どもに見せていいんだろうか・・・?

むしろ、「もののけ姫」みたいにあからさまじゃない、狂気とか、凶暴性が到る所に感じられるんだけども。

それは、アンパンマンのアニメ見ても思うことだけどね。

思うに、オレが子どものころは、今ほど、規制が厳しくなかったから、はっきりとした凶暴性を見る事が出来た。

今は、規制が厳しくなり、そう言うものをほとんど見かける事が出来なくなってしまってる。

でも、作ってる人たちの中にある狂気は、結局同じなんだよね。

で、どうするか・・・・となった時に、表面上でしか物事を見る事が出来ないアホの目をかいくぐるように、凶暴性を潜ませてるんだ。

どちらが良いのか・・・それは分からないけど、例えば、今回の川崎の少年みたいな「大人しくて優しいけど、キレると手がつけられないほど凶暴」とか言う、矛盾したような奴は、昔はいなかったような気がする。

一見して、穏やかだけど、実はその奥に凶暴性を秘めている・・・とか、まさに、「崖の上のポニョ」に見られる印象と同じなんだけどな。

とかまぁ、どうでも良い話ですな。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。