超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年02月16日22:35

Tonight I'm gonna have myself a real good time.

結構、気になってたニュースだった日韓スワップ協定が、14年(だっけ?)を経てついに終了になったらしい。延長するとか、終了するとか・・・両方の飛ばし記事が「それぞれ」のメディアから、垂れ流されてたけれども、無事終了となって、喜ばしい限り。経緯としては・・・日本「韓国側から要請があれば、延長するかどうか考えてやるよ」↓韓国「こっちだって、別に止めてもいいんだ。要請なんかする訳ないニダ。」↓日本「分かった...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tonight I'm gonna have myself a real good time.
2015年02月16日22:35      cat  :  気分
結構、気になってたニュースだった日韓スワップ協定が、14年(だっけ?)を経てついに終了になったらしい。

延長するとか、終了するとか・・・両方の飛ばし記事が「それぞれ」のメディアから、垂れ流されてたけれども、無事終了となって、喜ばしい限り。

経緯としては・・・



日本「韓国側から要請があれば、延長するかどうか考えてやるよ」



韓国「こっちだって、別に止めてもいいんだ。要請なんかする訳ないニダ。」



日本「分かった。こちらとしても、もう止めてもいいと思ってたんだ。」



韓国「延長してほしいと、日本側から言う優しさはないのか!!」



日本「ちょっと言ってる事が分からないです。」



韓国「ぐぬぬぬ・・・分かった。延長しようぜ。さぁ、要請したニダ!!」



日本「だが断る。」



みたいな、結構スカッとする感じだったらしい。けど、何か、向こうさん側では、結局「日本からの要請を韓国側が拒否した」と言う事になってるみたい。

最近、誰が本当の事を言ってるのか・・・本当に分からなくなる時があるよね。

二階堂とか言うアホ政治家は、韓国側に対して「従軍慰安婦については、『解決』のために頑張っていく」と、日本側の「解決済み」の姿勢を崩す発言をしたらしいし・・・

これだけ、世界に向けて、ロビー活動された上で、日本が「解決済み」の姿勢を崩してしまったら、海外から見て、どっちが本当かなんて、もう分からなくなってしまうと思うんだけど・・・

どうなんだ?テキサスの親父よ。

「従軍慰安婦」も、「南京大虐殺」も、「731部隊」も、本当はなかった・・・で良いんだよね。

オレも最近、よく分からなくなってきてる・・・

嘘もつき続ければ、本当になる。とは、この事か・・・

海外では、韓国さんの地道な活動のおかげで、これらの事が、すべて、史実のように思いこまれているらしい。

あんなチョンの言う、どう考えてもつじつまの合わない(しかも、コロコロ内容が変わる)嘘を信じるとか、その感覚がよく分からなかったんだけど、実は、かく言う日本からすると、信じられない歴史があったりする。

それが、「アウシュビッツ」。

ただ、この話題については、世界のどの国(もちろん日本でも)であっても、議論することさえほぼ許されない上に、ドイツでも否定論者は余裕で逮捕されてしまうと言う徹底ぶり。かつて日本で、この話題を特集した雑誌が一瞬で廃刊に追い込まれた事実もある。

さすがにこんなブログ誰も読んでないと思うけど、それでも、詳細なんて書かないでおくよ。ジョニー。

本当のタブーとはこの事。

「アウシュビッツ」も、「南京大虐殺」も、「731部隊」も、全て、第2次世界大戦期に敗戦国側で起こり、そして、勝戦国側によって世界に広められたものだと言う共通点がある。

「従軍慰安婦」は、敗戦国側だったくせに、脳内ファンタジーで勝手に勝戦国側に入ってしまったキチガイ民族が、乞食根性丸出しで、お金のために喚いてるだけなので、全然同じ土俵ではないかも知れないけれども・・・

歴史を作るのは、敗者ではなく、勝者。

力こそが正義。

それは、20世紀になっても、そして、今でも変わらない事なんだろうて。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。