超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年02月01日10:04

【志茂田さんマンガ堂】今週もアップしておりますよ~004

いきなり・・・色々ありまして・・・更新が滞るかも知れない・・・まぁ、別に誰も期待してる人なんかいないでしょうけどね・・・と思いつつも、こんなに早く、更新に黄信号がともるとは思ってなかったですたい。取り合えず、今週分は、まだ、心は死につつも、時間的に余裕があった時期なので、まだ、いっぱい更新してるよ。来週がね・・・と言うことで、今回の更新分をば・・・早速・・・○First End 第4話 「エルカサムin」First...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【志茂田さんマンガ堂】今週もアップしておりますよ~004
2015年02月01日10:04      cat  :  志茂田さんマンガ堂
いきなり・・・色々ありまして・・・

更新が滞るかも知れない・・・まぁ、別に誰も期待してる人なんかいないでしょうけどね・・・

と思いつつも、こんなに早く、更新に黄信号がともるとは思ってなかったですたい。

取り合えず、今週分は、まだ、心は死につつも、時間的に余裕があった時期なので、まだ、いっぱい更新してるよ。

来週がね・・・

と言うことで、今回の更新分をば・・・早速・・・




○First End 第4話 「エルカサムin」
First Endの4話目。

このマンガは、ノートに描いてたもので、ご存じのとおり(?)ノートもページ数は60ページ。

描いてた当時は、60ページ内で、何話書けて、一話のページ数はこの位だから・・・みたいな構成力が皆無だった(まぁ、今でも、あるかと言うとそうでもないけども)ので、1話と言うのは、ここからここまで書くもの。と言うことしか考えてなかった。

その結果、急に40ページくらいになったり、逆に今回みたいになったり・・・そんな事も多々ありまして・・・

ついでに、ノートの最後の方から書き始めたから、ページ内に、描きたい事を詰め込むために、こんな事になってしまっております。読んでもらえれば分かるかと思うけれども・・・

First Endの終わりころから、少しずつこの「構成」と言うことも考え始めるんだけど、それはまだずいぶん先の話・・・




○us 第2部ステアケイト 第1話 「Pain」
○us 第2部ステアケイト 第2話 「偽りの平和」
一応、今回のサイトについては、どのページがどのくらい見られてるか・・・とか、そんな事が分かる様になっておりまして・・・その結果、この「us」が一番たくさん読んでもらってるみたい。ありがたいに。

と言うことで、感謝をこめて・・・2話更新しました。

そんな言い訳です。

いやね。

こんなこと自分で言うのもなんだけど、「us」最初の方って面白くないと思うんだよね。でも、序盤読んでおいて貰わないと、後半も分からない。(あたりまえだけど)

本当に読んで(個人的に面白くなってくると思ってる)欲しいのは、70話越えた辺りだと思う。

なので、早くそこまで更新してしまいたいと言うのが本音。

まだ第2部。序盤も序盤なので、先は長いですけれども・・・

関係ないけど、まだまだ中二病前回の内容。

あと、今回一番気合い入れて描いた絵がこれ(↓)

150201aaaa.jpg

こちらも、実に中二病な感じで、今でも良い絵だと思っております。




○原稿短編マンガ「終わりの休日」
こんな絵柄(見てもらえれば分かるかと・・・)で描いた原稿マンガでは、一番最新のもの。

これ以降、何か知らんけど、しばらく「ヘタウマ」と言うものにあこがれはじめ、「しりあがり寿」さんみたいな作風を目指しはじめたり。まぁ、その時期の漫画も何篇かあるので、いずれ、アップすると思う。

ちなみに、今では、ヘタウマの方が画力が必要なことがわかって、元に戻っておりますけれども・・・

とは言え、もう6年近く前に描いた漫画なんだよね。

時が経つのは早い。

内容的には、全体的に暗くて、救いがない感じだったので、彼女がいる設定にして、チョッとだけ救いがあるように・・・と思ったんだけど、よく考えたら、その方が悲惨だった気がしないでもない感じでございます。



それ以外にもイラストを2点と4コマを1点更新してるはず・・・

では、最後にリンクをば。

上記の内容はこちらから、読めちゃいますので・・・

志茂田さんマンガ堂

それでは、また次回。来週の日曜日にでも。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。