超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2015年01月18日22:47

【志茂田さんマンガ堂】今週もアップしておりますよ~002

さてさて。先日、アップした「志茂田さんマンガ堂」。約束通り、日曜日の今日。2回目のアップなどしてみたよ。ついでに見てみたけど、まだ、グーグル先生にインデックスはされたないみたい。ただ、このブログの方が、ヒットするようにはなったけれどもね。と言うことで、第2回目更新の内容について、少しだけうだうだ書いておきましょうかね。○First End 第2話 「ひみつ」1話目を頑張って50ページくらい書いた衝動なのか、異常...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【志茂田さんマンガ堂】今週もアップしておりますよ~002
2015年01月18日22:47      cat  :  志茂田さんマンガ堂
さてさて。

先日、アップした「志茂田さんマンガ堂」。

約束通り、日曜日の今日。2回目のアップなどしてみたよ。

ついでに見てみたけど、まだ、グーグル先生にインデックスはされたないみたい。

ただ、このブログの方が、ヒットするようにはなったけれどもね。

と言うことで、第2回目更新の内容について、少しだけうだうだ書いておきましょうかね。



○First End 第2話 「ひみつ」
1話目を頑張って50ページくらい書いた衝動なのか、異常にページ数が少ない。

まだ、物語も始まってもいない感じなんだけど、これを書いた時は、とにかく、この「ちゃんとした人間を描く」(まぁ、全然書けてないんだけども)と言う事がとてつもなく大変だったように記憶してる。

たった10ページ未満なのに、すごい苦労したんだよね。

何と言うか・・・書きたいシーンはあるのに、それを一体どうやって描けばいいのかまったく分らない感じ。

今見れば、四苦八苦しながら書きすすめたところで、結局、どういうシーンなのか、よく分からないけれども、当時は、とにかく「最低限理解できるように」書いたつもりだったんですよ。ホントに。



○us 第2話 「リズ=ストロベリー」
この話を描いた時のことって、あんまり記憶にないんだけど、取り合えず、「ワーマ」と言う階級にいる人の街を書く。と言うことにすごく悩んだような気がする。

で、結局、手元にあった「封神演技」(フジリュー版)の、朝歌の町並みを参考にしたような記憶がある。

しかし、何と言うか、この頃のノリは、もれなく中二病だと思う。

まぁ、実際に思春期まっただ中なんですけどね。

ちなみに、その町並みがこれ(↓)

150118aaaa.jpg




○原稿短編マンガ「輪ガムトレイン」
「人ではなく、場所を主人公にしたい」と言うネタを結構昔から温めていて、それを、マンガ化したもの。

書いたのは7年くらい前だけれども、その当時、持てる力を相当駆使して描いた記憶がある。

原稿に描いた漫画で、ちゃんと、Gペンで書いて、トーン貼って、ベタもした。

ついでに、確か、「アフタヌーン」の「四季賞」に応募もしたはず。もちろん、落選したはず。

当時は、何でこれが落選なんだよ。と、思ったけど、今は、その結果もしょうがなしと思っております。



それ以外にもイラストを1点更新してるはず・・・

では、最後にリンクをば。

上記の内容はこちらから、読めちゃいますので・・・

志茂田さんマンガ堂

それでは、また次回。来週の日曜日にでも。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。