超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年12月05日22:09

【王道軽症】オナニーノーツその9 「犬神一座の大サーカス」

忘れもしない、確か・・・2012年だったか・・・2013年だったか・・・の、春だったような、夏だったような・・・そんな時期の話だ。犬神サーカス団としての最後のツアー。「さいならサーカス団」参戦の為に、広島まで、遠征に行った。そのあまりにも素晴らしかったライブに感動して、感激して、帰ってきたその日に、どうする事もできなくて一気に書き上げた曲こそ、この「犬神一座の大サーカス」と言う曲でございます。犬神サーカス...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【王道軽症】オナニーノーツその9 「犬神一座の大サーカス」
2014年12月05日22:09      cat  :  マニアック音楽
忘れもしない、確か・・・2012年だったか・・・2013年だったか・・・の、春だったような、夏だったような・・・そんな時期の話だ。

犬神サーカス団としての最後のツアー。「さいならサーカス団」参戦の為に、広島まで、遠征に行った。

そのあまりにも素晴らしかったライブに感動して、感激して、帰ってきたその日に、どうする事もできなくて一気に書き上げた曲こそ、この「犬神一座の大サーカス」と言う曲でございます。

犬神サーカス団を知る人が聞けば、誰がどう聴いたって丸分かりの完全な犬神サーカス団賛美の唄。

これでもかと持ち上げて、持ち上げて、持ち上げて、持ち上げて、持ち上げまくってる。

ライブ参戦直後の、頭が逝っちまってる状態で、一気に書き上げただけあって、良くも悪くもキチガイ染みた賛美歌だと思う。

冷静になったあと、レコーディングしてる時には、凄い持ち上げ方だな・・・と、自分でも、「ふえ~」ってなったくらい。

ただ、それでもサビの部分にある



「闇に落ちた心は 闇の中でしか救われない」

「うわべだけの言葉は 心の生傷を抉る」



の部分は、とても良いフレーズだと自画自賛してる。

オレが、犬神サーカス団にはまった時の心情だけじゃあないだろうて。

なぜ、犬神サーカス団のファンに、手首に包帯を巻いた人が多いのか。焦点の合わないおっさんが多いのか。

本当の意味でオレは救われたと思ってるし、現在進行形で救われてる人も多いと思う。

何て言うかね。

心が疲れたときに、「がんばれ」「がんばれ」と言われても、余計疲れるんだよ。

そっと、同じ心持ちで寄り添ってくれるだけの方が、元気になれるんだよ。

そんな感じだ。

ちなみに、間奏部分の「意識的に意欲された自分自身の目的を追う事により 結果はどうであれ我々は歴史を作るのだ!!」と言う語り(シャウト?)は、(多分)有名な名曲「白痴」の一説。

犬神サアカス團の20周年記念曲「絆」を聴いて、どうしても、入れずには居られなくて、ミックスまでほぼ完成してた状態だったのに、無理やり撮り直して、ミックスさせ直したような記憶がチョッとある。

「意識的に意欲された自分自身の目的を追う事により 結果はどうであれ我々は歴史を作るのだ!!」

・・・この一言に、そしてその後に続く「でも、ホントはバカなんだろ?」に、何となく、犬神サーカス団の矜持を感じるんですよ。

オレは。

最後に蛇足。

曲について、実は、初期の奥田民生を目指してたりする。

それも、イージューライダー以前の奥田民生的な。

何と言うか、いつまで経っても新しいフレーズが出てきて1番が終わらない、あのねちっこい感じの曲にしたかったんだ。

だから、構成上の1番だけで、Aメロ⇒Bメロ⇒Cメロ⇒Aサビ⇒Bサビ⇒Cサビと、6種類のフレーズを入れてる。

しかも、後半から、同じメロディー、構成で、テンポが速くなると言う無茶をしてるもんだから、後半が、ホント歌えてない。何度か、取り直したんだけど、どうしても、歌えなかった。

でも、まぁ、それも勢いがあって良いのではないかと、今では思っております。

これは、相当思い入れも強いし、個人的には、相当良い曲だと思うんだけどな・・・

そんな自信作の次、少し閑話休題を入れて、ついに、このアルバム最大の大曲「パラフィリア=グロッサリー」に入っていくわけでございます。

では、次回は「愛飢悪の唄」でお会いしましょう。

さようなら。さようなら。さようなら。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。