超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年11月26日13:46

真っ白な原稿と言う無限に続く戦いの荒野とか何とか車田大先生が言ってました

大学生の頃だったか・・・「闇世界」と言うタイトルの物語を思いついたのは。確か、その当時、弟と隣町の画材屋さんに、トーンとか買いに行く車の中で、弟にその構想をツラツラと語った記憶がある。その時「まぁ、この話を描けるのは、『G』と『US』が描き終わってからやな。それがいつになる事やら・・・」と言って、締めた。それから10年。約束どおり「G」も「US」もちゃんと描ききって、更に1年が経ち、今、この「闇世界」と言...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真っ白な原稿と言う無限に続く戦いの荒野とか何とか車田大先生が言ってました
2014年11月26日13:46      cat  :  マンガ
大学生の頃だったか・・・

「闇世界」と言うタイトルの物語を思いついたのは。

確か、その当時、弟と隣町の画材屋さんに、トーンとか買いに行く車の中で、弟にその構想をツラツラと語った記憶がある。

その時「まぁ、この話を描けるのは、『G』と『US』が描き終わってからやな。それがいつになる事やら・・・」と言って、締めた。

それから10年。

約束どおり「G」も「US」もちゃんと描ききって、更に1年が経ち、今、この「闇世界」と言うタイトルの物語に着手している。

誰にも理解されない哀しい感覚だけど、個人的には、「ついに、ここまで来たか」と言う感覚で居たりする。

ついに、この物語に手を付けるときが来たのだよ。ワトソン君。

とは言え、1ヶ月に10ページ程度しかかけていない体たらく。

半年で60ページ(約1話)が書ききる計算。

分かりやすく言うと、全盛期の「バスタード」くらいのペースでしか書き進められない。

しかも、その間にも、どんどん物語の構想は膨らんで膨らんで・・・行ってる。

終わりが見えないことは分かってたけど、取り合えず、この膨らみまくってる大風呂敷をキレイにたたむ事が出来るのか?

そんな不安が頭をよぎってる。

今の所、一応の一区切りの所まで。

その結末と、今描いてるところの構想は出来ている。今から、その2つをどうやってくっつけていくか・・・それは、描きながら考えていこう。

そんな、いつものスタイル。

一区切りまで、予定では、600ページ。

今、20ページチョッとしかかけて無いので、この30倍の時間と労力を持って、全体の10分の1以下の一区切りを迎えるんだろうね。

気が遠くなるほど、先は長い。

一歩ずつ。一歩ずつだ。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。