超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年11月24日22:49

【王道軽症】オナニーノーツその8 「お耳汚しを召し上がれ~と言う演出」

頭を悪くするウィルスが発見されたそうで・・・それを見た嫁が「私が頭悪いのは、コイツに感染されてるせいだ」。と・・・言ってた。多分違うと思う。詳しく見て無いけど、このウィルスって、空間認識力を低下させるとか何とか書いてた。あいつは、空間認識力は良いし、地図とかも、昔は苦手だったけど、メキメキ見れるようになったし。と言うか、この場合、記事の書き方に問題があるよね。「頭を悪くするウィルス」って・・・確か...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【王道軽症】オナニーノーツその8 「お耳汚しを召し上がれ~と言う演出」
2014年11月24日22:49      cat  :  マニアック音楽
頭を悪くするウィルスが発見されたそうで・・・

それを見た嫁が「私が頭悪いのは、コイツに感染されてるせいだ」。と・・・言ってた。

多分違うと思う。

詳しく見て無いけど、このウィルスって、空間認識力を低下させるとか何とか書いてた。

あいつは、空間認識力は良いし、地図とかも、昔は苦手だったけど、メキメキ見れるようになったし。

と言うか、この場合、記事の書き方に問題があるよね。

「頭を悪くするウィルス」って・・・

確かに、興味をそそられるタイトルだけれども。

タイトル詐欺。と言うヤツか。

さてさて。

久しぶりに、オナニーでもしますか。

何と、1ヶ月以上開いてしまった・・・

問題なのは、あれだ。

えぇ~と・・・あれだ!!

書きたいことがいっぱいあったとか・・・

時間がたつのが異様に早いからだとか・・・

つまり、オレが言いたいのは・・・「うさばらし」だ!!

・・・そういえば、「沼さん」。今、元気してるかなぁ~。

では、オナニーの時間ですな、1ヶ月ぶりのオナニーは、「お耳汚しを召し上がれ~と言う演出」でございます。

多分、このアルバム内で、一番普通な曲だと思う。

イメージとしては、90年代J-POPを意識してみた。と言うか、90年代GLAYを意識してみた。もっと言うと「BELOVED」を意識してみた。

まぁ、あんな完成度の高い曲の足元にも及ぶはずも無く、GLAYEXPOで、前に20万人居る中で、遠くの幻影をチラッと見た程度にしかならなかったけれども。

とにかく、意識してみた。

曲自体は、結構前に、ふと浮かんできたメロディーラインで、忘れないように、スマホのボイスレコーダーに保存してたヤツだったりする。

タイトルを「お耳汚しを召し上がれ」にすることは、一番最初の段階から決めてた。なんせ、メロディーラインが、ビックリするほど普通なんだもん・・・オレが、普通の歌ったってしょうがないんだもん。

そのまま、お蔵入りさせようかとも思ったんだけど、せっかくなので、逆に、普通な曲もアクセントになるかな・・・と、思いなおした次第でございます。(結果的には、もう1曲「パラフィリア=グロッサリーその1」と2曲になったけど。)

で、いざ、この曲に歌詞をつけるか・・と言う段階になって、色々考えたんだけど、イマイチ面白いものが出てこない。浮かんでこない。

そもそも、オレが良くやる「物語っぽい歌詞」って、あくまでも詞先であって、メロディーはおまけでしかない。

だったら、その逆をやってやるか・・・この曲に関しては、歌詞なんておまけだ。おまけ。と開き直って、その場で思いついた言葉を適当に並べていった。

ホントに、それだけ。

そして、それをレコーディングしたんだよ。一応ね。

ある程度最後までレコーディングしたんだよ。

作った段階では、2番の後に、Cサビがあって、その後に、もう一度Aサビ、Bサビと繰り返して終わるように。

レコーディングは、2番の終わりまで完了してた。

ただ、本当に面白くない。

普通過ぎるだろ・・・と言う事で、レコーディングはしてるけど、ばっさりいこう!!と言う結論に至って、あの収録した感じに落ち着いた。

ばっさりいく場所について、最初は、2番のAサビの途中だったんだけど、長過ぎると思ったので、2番始まってすぐでばっさりいってやった。

予定調和を崩す。と言う方向で、緊張感を持続させる、なかなか良い案だと思ったんだけど・・・どうも、刷りミスみたいに誤解されたりもしたみたい(実際、聴いた何人かから「あれで、いいんよね?」的な事言われたし。)

いや、あれで良いんだよ。

あれで良いということを分かりやすくする為に、わざわざタイトルに「~と言う演出」と言う言葉まで付け足したんだよ。

・・・結果的には、分かり難かったと言う事か・・・無念。

ホントは終了後、しばらく無音になって「呪ってやるぅぅぅ!」とか「聴かせねえよ!ばぁ~か」とか、そんなシャウトを入れようかとも思ったけど、そこまでやると、くど過ぎるかと思ってやめた。

やめたけど、今思うと、そこまでやった方が、より分かりやすかっただろうか・・・と、今更ながら、チョッと後悔してたりもする。

ちなみに、この曲で使用してるアコギは、いつもレコーディングに使ってる良いヤツじゃなくて、オレが家で暇つぶしに弾いてる安物のヤツだったので、音の響きが全くなく、編集段階で、かなり時間を使って編集されたらしい。

「次回からは、いつものギター使って」と言われた。

何で、安物のヤツを使ったかと言われると・・・何でだろう?忘れてしまった。最初のアコギの部分が、弾きやすいとか思ったのかもしれない。

まぁ、そんな何かに付けて中途半端な曲を終えて、ここから怒涛の後半巻き返しが始まるのでございます。

では、次回は「犬神一座の大サーカス」でお会いしましょう。

さようなら。さようなら。さようなら。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。