超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年11月21日23:22

うつろなこの世界に だけども生きるなら

チョッと前からやり始めた「関連記事」と言う機能。コイツのお陰で、オレは、自分がいつも夕焼けの中に居るかのように、過去を振り返らされている。自分で設置しておいて言うのもなんだけど、まんまと自分で、その罠にはめられている。その中にひとつの記事があった。6年か7年前に書いた記事。まだ、娘が生まれるどころか、結婚すらしてない時に書いた記事。▽ ▽ ▽ ▽ ▽ 奏で出ずる3話 正直、この記事の存在なんて、忘れてた。...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うつろなこの世界に だけども生きるなら
2014年11月21日23:22      cat  :  気分
チョッと前からやり始めた「関連記事」と言う機能。

コイツのお陰で、オレは、自分がいつも夕焼けの中に居るかのように、過去を振り返らされている。

自分で設置しておいて言うのもなんだけど、まんまと自分で、その罠にはめられている。

その中にひとつの記事があった。

6年か7年前に書いた記事。

まだ、娘が生まれるどころか、結婚すらしてない時に書いた記事。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽


奏で出ずる3話


正直、この記事の存在なんて、忘れてた。

これまで2000近い記事を書いてきたわけで、そのひとつひとつなんて全然覚えてない。

書いた当初、これは強烈に印象に残るぜ!!へへへい!!オレって良い事書くな!!へへへい!!と思ってた記事も全然覚えてない。多分、そんなヤツいっぱいあると思う。

まぁ、その中のひとつだ。

いつか、必ず書きたいと思っている物語「連歌『忘却』」について、初めて書いた。

弟のネタとしてあげたまま、未完となってしまった「処女はアイアン銘伝に入れて殺すに限る」の原型となった物語「処女はアイアンメイデンに入れる前にレイプするに限る」について、初めて書いた。

数年後に、「メルデス夜行」と言うタイトルで、マンガとして完成させた物語の原型「メルテス夜光虫」について、初めて書いた。

それだけ。

日々思った事をツラツラと連ねた中のひとつ。

最後に、少しだけ願望なんて書いてみてる。

この数年後。オレは、結婚した。そして、子どもが産まれた。

その子が嫁のお腹の中にいた時に、その子の為に書いた「白痴にも書けるラブソング」と言う曲がある。

まだ、生まれたばかり。夜、ずっと泣いてた子どもを不慣れな手で抱き、この歌を歌いながら、落ち着いて眠るまで、階段や部屋をうろつきまわった。

子どもが少しばかり大きくなった頃。オレは、子どもの為に、絵本を書いた。ちゃんと本にしてプレゼントした。

思うに、この時少しだけ、心の中に浮かんだ願望は、今、叶っている。

何が幸せかは、誰にも分からない。

でも、もう忘れてしまったような数年前の、少し心に浮かんだ願望が叶う人生はいかがなのだろうか?

171年ぶりの「後十三夜」。

娘が寝た後、嫁と二人、少しだけそれを眺めた。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。