超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年11月07日09:35

中島みゆき

先日、マンガを書いてる時に、「何か、BGMに無いかな?」と探しつつ、なぜか気がつくとYOUTUBEでアニメ版「幽遊白書」の魔界統一トーナメント編を見てた。それも、最後の「幽助対黄泉」付近。原作マンガでは、部分的にだけしか、表現されていなかったけど、なかなかどうして、アニメでは、しっかり描かれていて、それも、原作ファンとしても、ある程度しっくり納得できるように描かれていた。(と思う。)あの当時、一応、アニメ見...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中島みゆき
2014年11月07日09:35      cat  :  気分
先日、マンガを書いてる時に、「何か、BGMに無いかな?」と探しつつ、なぜか気がつくとYOUTUBEでアニメ版「幽遊白書」の魔界統一トーナメント編を見てた。それも、最後の「幽助対黄泉」付近。

原作マンガでは、部分的にだけしか、表現されていなかったけど、なかなかどうして、アニメでは、しっかり描かれていて、それも、原作ファンとしても、ある程度しっくり納得できるように描かれていた。(と思う。)

あの当時、一応、アニメ見てたはずなんだけど、なぜか、仙水編の途中くらいから記憶が無い・・・

一体どうした事でしょうね。

さてさて。

娘が生まれてから考えるようになった事がある。

おもちゃとかを買ってあげる頻度とか・・・何か、その辺について。

オレの記憶・・・

オレは、毎週日曜日になると親父が、妹と2人おもちゃ屋さんに連れて行ってくれて、500円まででひとつおもちゃを買ってくれてた。どうしても、500円以上のが欲しい場合には、我慢して、次の週に1000円のおもちゃを買ってもらう感じだったと思う。(値段に関しては、結構あいまい。何せ、まだ、計算も出来ない歳だったから・・・)

オレが、買って貰ってたのは、当時大好きだった「魔神英雄伝ワタル」ってアニメの、プラモだったと思う。小学生になる事には、それが、SDガンダムのBB戦士ってヤツになったり、ミニ四駆になったりしてた気もする。妹は一貫して、人形とそのアクセサリーだったはず。

で、自分が娘を持ったときに、この記憶を思い出した。

思った事は、「買い過ぎだろ!!」だった。

いやね。だからって、オレは、買ってもらったおもちゃを蔑ろにした事は一回も無いと思う。むしろ、プラモが折れてしまったら、そこを接着剤でくっつけて修理してたりしてた。

「おもちゃを買い与えすぎると、ものを大事にしない」とよく言われるけど、自分の経験からするとそれは違う。基本的には、性格の問題だろうて。

ただ、本当に欲しいものを買ってあげて欲しい。何でもいいから、買ってあげたところで、それを大事にするはずが無い。それと、これを混同しているだけなんだと思う。

でも、少し買いすぎだと思う。

もう少し時間が過ぎる。

オレが、小学生高学年くらいになって頃。

このころは、スーパーファミコン全盛期だったけど、ソフトひとつが1万円くらいしてた。となると、買ってもらえるのなんて、さすがに、毎週と言うわけにはいかず、誕生日とクリスマス位になってた。

そうなると、もうミスは許されない。

下手して、クソゲーなんて買ってしまうと、もう、半年近くそのどうしようもないゲームをやるか、前から持ってたヤツをやるしかない。

誕生日前になると、それはそれは必死で、買うべきゲームの事を考えてた。

ネットが無かった当時出来ることといえば、おもちゃ屋さんの新聞広告を穴があくほど眺めて妄想する事と、ファミ通を立ち読みする事、マリオクラブとか、そんなTV番組を見る事位しかなかった。時々、友達が先に買った場合には、その話を盗み聞きしてた。(面と向かって、「どんなだった?と聞ける友人は、一人くらいしか居なかったし。)

そして、妄想と調べ上げた情報を駆使し、かつ、妹とじっくり相談し、熟考に熟考を重ね決めたソフトを、誕生日とクリスマスには、買って貰ってた。

そうなると、こうやって買ったゲームが、例えクソゲーだったとしても、面白いんだよ。今でも。思い出補正付きなのは認めるとしても。クソゲーじゃなかったら、なおの事だ。

未だに、時々やってるゲームは、この頃、悩みに悩んで買ったゲームな場合がほとんど。

例えば、ボンバーマン。絶対の名作と言われる「3」ではなく、オレが一番好きなのは、自分が悩みに悩んで買った(けど、クソゲーだった)「2」。

対戦する時に、「ルーイ」使うなんて邪道だと信じている。

この頃に買ったゲームソフトに関しては、箱も説明書も大切に保管している。子どもながらにだから、ホントにボロボロになってるけど。

長くなっちゃったけど、娘には、ぜひとも、この経験をして欲しいしんだよな。

別に、ゲームである必要は無いけど。

理想的なのは、本当に欲しいものを、時々買ってあげる。

こんな感じなのかも知れない。

月並みだけれども。

ひとつだけ問題がある。

オレのおかんと親父(じーちゃんばーちゃん)の存在だ。やつらは、とにかく買ってあげたいらしい。しかも、どちらかと言えば、子どもが欲しいものより、自分が買ってあげたいものを・・・

そう言えばオレも、じーちゃんばーちゃんから、似たようなものをいっぱい貰ったな。でも、結局遊ぶのは、親父が買ってくれた「自分が本当に欲しいもの」ばっかりだから、じーちゃんばーちゃんが「せっかく買ってあげたのに・・・」ってよくなってたわ。

その当時、「そんな買わんでええよ」と言ってた親父とおかんが、今は、オレが「そんな買うな」ってなる位、買ってくる。

歴史は繰り返す。

多分、オレも、もし孫が出来るようなことがあれば、そうなるんだろう。

と言うか、確実になる。

めぐるめぐるよ。時代は回る。喜び悲しみ繰り返し。

そうして、今、家には、娘がほとんど遊ばないおもちゃが増えていっております。

そんな現状が少し面白い今日この頃です。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。