超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年10月28日02:49

「THE SHOW MUST GO ON」~後篇

さてさて。ここ3日間かけて書いてきたライブレポートも本日のアンコールを持って一旦終了と言う事か。早速いこうか。さぁ、きょうも「THE SHOW MUST GO ON」だ。「ショーは続けなければならない」。本日は、前述の通り、アンコールだ。多分、アルバム的に、そんな構成になってると思う。で、無ければ、「恋の蜜蜂飛行」が、あの順番で収録されている意味が分からない。ちなみに、アンコールはこんなラインナップでございます。11....
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「THE SHOW MUST GO ON」~後篇
2014年10月28日02:49      cat  :  気分
さてさて。

ここ3日間かけて書いてきたライブレポートも本日のアンコールを持って一旦終了と言う事か。

早速いこうか。

さぁ、きょうも「THE SHOW MUST GO ON」だ。「ショーは続けなければならない」。

show-must.jpg

本日は、前述の通り、アンコールだ。多分、アルバム的に、そんな構成になってると思う。で、無ければ、「恋の蜜蜂飛行」が、あの順番で収録されている意味が分からない。

ちなみに、アンコールはこんなラインナップでございます。

11.吉原炎上
12.気もそぞろ
13.ニルヴァナ

普段と比べて、なりを潜めていたおいちゃん曲がここへ来て、怒涛の追い打ちと言う感じか。


11.吉原炎上
一聴した感じだと、なんかサザンオールスターズの「愛と欲望の日々」か?と思ってしまう感じ。

なんか、これまでのキンショーの楽曲からしても、チョッと異質な曲だと思う。(歌詞も、曲も。)

でも、これがなかなか良い感じ。今じゃあ「ムツオさん」と並ぶ、中毒性の高い大好きな曲になった。スルメ的な感じか。下手したらい、一番好きかも知れない。

歌詞も、何となくサザンを意識してるような気がしてならないけおど、「吉原炎上ベイベーイエイエイ」とか、そんなのこれまでのオーケンなら絶対に書かなかっただろうし。

しかし、何なんだろうね。この、全く違うノリの曲をやっても、絶対に「キンショーの曲」に聞こえてしまうと言う、この、圧倒的な個性は・・・



12.気もそぞろ
おいちゃんお馴染みの「ポップスだぇ~」な曲。

どちらかと言えば、「その後 or 続き」に近い感じかな。「さぁ、ショーはもうラスト」と言う始まりの通り、アンコールも「吉原炎上」で盛り上げて、最後の一曲前の一呼吸にどうぞ。と言う事かな。

多分、おいちゃん繋がりでここにきて「オーディエンス・イズ・ゴッド」とチョッと繋がってるのかとも思うけど、まぁ、そんなライブバンドの裏側な歌。

オーケンの曲とはまた違った、おいちゃんと言う人の優しさとか人の良さが、曲全体にオラオラと溢れてるほっこり曲。この感じ。うまく言えないけど、おいちゃん・・・好きだ~ってなる。表には出てこないけど、絶対にキンショーには無くてはならない人だ。


13.ニルヴァナ
で、最後にお別れにピッタリの曲。キンショーの最後の一曲と言えば、当然の「釈迦」は置いておいても、何となくふー民の曲ってイメージだったけど、この曲は、おいちゃん作曲ながら最後の曲にピッタリ。

そして、歌詞も、なんかここまでチョッと構成とかそんな所でセーブしてたのか、それを全て弾き飛ばした感じにカオス全開。多分、ここまでが演者側の目線なら、これは、オーディエンス目線なんだと思う。

思うけれども、それにしたってカオスすぎる。

曲自体の構成はキンショーでは、かなり単調な方だけども、その分、ホント歌詞がカオスでどうしようもない感じ。

最後に、めちゃめちゃご機嫌になる一曲。この曲があるだけで、アルバム聴き終わった後の、聴後感は最高に気持ち良くなる。




と言う事で、3日に渡って書いてきたけど、アルバム全体の総括としては、もう、届いてすぐに一聴した時に思った「完璧なアルバム」と言う言葉が本当にピッタリだと思う。

歌詞も、曲も、演奏も、語りも、編集も、構成も、特典内容さえも、全てが本当に満足できた。

こんなことって、なかなか無いと思う。

捨て曲が一曲もないとか、そんなレベルの話ではなく、本当に、何も不満がない。完璧なアルバムだった。

もう活動しないと思ってたバンドが、再結成し、そして、コンスタンツに作品を発表、ライブをしてくれているだけども、ありがたいのに、その作品が、過去のアルバムと比べて、全く遜色なく、もしかしたら、過去を凌駕していると言う事が、どれだけ幸せな事か。

人によっては、キンショーはもう古くて、ただの様式美でしかないと、思うかもしれない。

特撮の方が、前衛的な音楽をやっているかも知れない。

でも、ファンが求めているキンショーは、間違い無くこのアルバムだったと思う。これまでを世襲しつつ、それでいて、新しく、聴いててニコニコとご機嫌になれる。

20年ぶりにオリコン初登場トップ10入りだそうで。

売上枚数は知らないけど、おめでとうございます。そして、オレも、何だか知らないけど、メッチャ嬉しくてしょうがないですたい。

それでは、みなさんごきげんよう。

「THE SHOW MUST GO ON」

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。