超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年10月24日20:29

セックス⇒受精⇒着床のテーマ

いつぐらいからか忘れてしまったけど、「テーマ」だとか、「訴えたい事」だとかがやかましくてしょうがなくなって来た。それは、自分で作る物語や音楽、マンガなどは勿論の事、見る映画や読む本にまで及んで、とにかく、重苦しい「テーマ」とか、これ見よがしな「風刺」があるものを避けるようになった。思うに、「テーマ」が必要であったり、「何か言いたい事」が無ければいけないと言うのは、「訴えたい事が無いけど訴えたい」と...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セックス⇒受精⇒着床のテーマ
2014年10月24日20:29      cat  :  気分
いつぐらいからか忘れてしまったけど、「テーマ」だとか、「訴えたい事」だとかがやかましくてしょうがなくなって来た。

それは、自分で作る物語や音楽、マンガなどは勿論の事、見る映画や読む本にまで及んで、とにかく、重苦しい「テーマ」とか、これ見よがしな「風刺」があるものを避けるようになった。

思うに、「テーマ」が必要であったり、「何か言いたい事」が無ければいけないと言うのは、「訴えたい事が無いけど訴えたい」と言う思春期特有のリピドーに起因するんだろう。

「訴えたい事が無いけど訴えたい」から、変に、「訴える理由」を考え、それが「テーマ」とかに固執する事に繋がってたのだろう。

大学時代の友人に、「ぶー」と言う人類の限界を超えつつある豚やろうがいる。(このブログでも、チョクチョク出てくるけど…)

そいつとは、学生時代夜中まで、ダラダラ語り合ってたりしたんだけど、そんなどうでもいい議論の中で今も覚えてるやつがある。(うろ覚えだけれども。)




「あんたの書くお話は、メンドくさい。」

「いやいや。巷に溢れる何のテーマ性も無く、風刺も効いてないような物語よりははるかにマシやろ?あんなもんに価値は無いって。お前の好きなジブリでも、ナウシカみたいな、風刺の効いたテーマ性のある作品は素晴らしいと思うけど、最近の千と千尋の神隠しとか、何のテーマ性も無いただの娯楽じゃねえか。」

「いや、オレは、その千と千尋の神隠しが一番好きなんやけど・・・」

「あんなテーマ性の欠片もない作品の何がエエと言うのや?」

「見ててほっこりするやん。それに、チョイチョイ考えさせられるようなトコもあるし。ナウシカは、見てて疲れるんよな。マンガ版とかは、相当面白いけど。」

「ほっこりする中にも、ちゃんとした意味が無いとダメだよ。あんなの、何となくなシーンの連続なだけで、退屈な映画や。」




・・・みたいな。永遠の平行線をたどる会話だったような気がする。

そして、今オレは、「千と千尋の神隠し」が、大好きになった。

あの頃、散々言ってた「テーマ性」を「千と千尋の神隠し」に求めるなら、それは、エンターテイメントとほっこりの融合だったんだろう。(あと、ロリコン。)

思春期特有の「厭世なオレカッコいい」と言う感覚が、社会風刺と、人類への警告をテーマとした作品以外を認めない。となっていたのかもしれない。

でも、今になって思うのは、表現する。と言うことに、テーマは必要ない。と言うこと。

「表現する」と言う行為は、自分の中からあふれ出てくる「何か」を掬い取って形にする事で、必ずしも、社会風刺を伴う必要は無い。

社会に絶望し、人間に絶望し、憎悪だけに生きてきた人間が、その自分の中に溢れるやり場の無い憎悪を何らかの形で表現した。とか、そんなものを、昔のオレは、社会風刺のきいたテーマ性の深い作品だ。と思ってただけなのかもしれない。

今の生活から、オレは社会に絶望し、人間に絶望し、憎悪だけに生きてきた人間にはなれそうも無く、せいぜい、娘の可愛さにニヤニヤするだけのおっさんになってしまった。

そうなった時、人はきっと自分の中に「テーマ」が完成しているんだと思う。だから、人が五月蝿く言うテーマ性が、ただやかましいだけになる。

テーマを押し出していない物語を見ながら、自分の中の「テーマ」と所々重ね合わせ、少し考えたりする。そんな程度が、今は心地いい。

それでも、今、自分の中からモリモリと、イメージであったり、言葉であったり、メロディーであったりがあふれ出てくるから、それを何らかの形にしていってる。それだけの事。

今書いてるマンガには、もうテーマ性はない。

アルバム「王道軽症」にも、テーマ性は無い。

もし、何かのメッセージを受け取った(と思った)のならそれは、気のせい。もしくは、自分の中の「テーマ」があって、たまたまそこと、何か被っただけなんだと思う。

だって、オレは、何か強いメッセージを埋め込んでるわけじゃあないんだから。

ただ、思いついた書きたかったものを書いただけでしかないんだから。

でも、実は、それが一番難しい事にも少し気がついた。オレも、それが出来るようになってきたんだ。と、チョッとだけそれを嬉しく思う。

何も知らない子どもの頃は、それが当たり前。

自分のやりたいように絵を描いて、歌って、笑う。

大人になって、それが出来るようになるのは、大層大変な事らしい。

オレも、もっと子どもみたいに出来るようになりたいものですな。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。