超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年10月19日10:09

【王道軽症】オナニーノーツその7 「おもちゃはおもちゃ箱へ」

今回も、2つで1曲だと思ってる。思ってるんだからしょうがない。「思い出のアルバム」と「おもちゃはおもちゃ箱へ」はひとつの曲という認識でおります。では、どんな思い出か・・・なぜ、この「思い出のアルバム」を持ってきたのかというと、この曲自体の「思い出」ってものが、どちらかと言えば、純朴なものだから。純朴な「思い出」からつながる「おもちゃはおもちゃ箱へ」と言うタイトルから、勝手に、子ども時代のおもちゃの...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【王道軽症】オナニーノーツその7 「おもちゃはおもちゃ箱へ」
2014年10月19日10:09      cat  :  沼レコード
今回も、2つで1曲だと思ってる。思ってるんだからしょうがない。

「思い出のアルバム」と「おもちゃはおもちゃ箱へ」はひとつの曲という認識でおります。

では、どんな思い出か・・・なぜ、この「思い出のアルバム」を持ってきたのかというと、この曲自体の「思い出」ってものが、どちらかと言えば、純朴なものだから。純朴な「思い出」からつながる「おもちゃはおもちゃ箱へ」と言うタイトルから、勝手に、子ども時代のおもちゃの事でも、妄想すれば良い。その方が、次の曲の印象が強くなる。とか言う、そんな小汚い思惑があったわけですよ。

ちなみに、弟も、その罠にまんまと引っかかり、「おもちゃはおもちゃ箱へ」の仮撮りの時に「こう言う意味のおもちゃやと思わなかったわ・・・」と言ってた。うししし・・・

前置きはこの辺にして・・・

良くある(といっても、アングラの世界でだとは思うけれども)「異常性愛」をテーマとした作品の数々。

少し前に流行った「蛇にピアス」(だっけ?)なんかは、珍しく表舞台でそのネタをやってたけど、基本的には、アングラのネタだよね。あと、初期の犬神サーカス団は、ほとんどの楽曲のテーマがそれだった気がする。

映画でも、演劇でも、音楽でも、漫画でも良くある「異常性愛」と言うテーマ。

でも、実は、このテーマの後日談・・・って、あんまり見かけなかったりする。

例えば、だけど、SMの世界にどっぷりと浸かり、ご主人様のために、刺青して、歯を抜かれて、体中にピアス開けられて、穴がガバガバになってしまったM女のその後・・・

それがこの「おもちゃはおもちゃ箱へ」と言う曲に繋がっている訳でございます。

ここ数年、オレが一番に描きたい情景は、「命」とかそんな尊く、壮大なテーマではなく、「そこはことない哀れ」。

それも、日本美的な「哀れ」。

そして、この「異常性愛のその後」と言う情景が、実に、ディモールト!にベネなんだよ。

と言う事で、この曲自体は、かなり早い段階からタイトルと構想が決まってた。(多分、「王道軽症」の構想を練り始めた最初期から。)この曲だけは、アルバムとして、絶対に外せないぜ!な感じで。

でも、そこから先が進まなかった。

「そこはかとない哀れ」な老婆を表現する上では、ストレートな単語は基本的にNGだと思う。例えば、「まんこ」とかね・・・その上で、出来ることなら、状況や、状態だけを坦々と語る事で、老婆の心情を投影したい。

欲求はたくさんあった。

ある上で、自分の描きたい情景にピッタリの最高の題材だ。となると、ホント考えても、考えても、うまく書けなかった。

ズッとレコーディング出来ないままに1年が過ぎ去ろうとしてた。

仮撮りの最終日の夜くらいに、やっと歌詞が書きあがった。

それも、何だかチョッと物足りなくて、レコーディングに行く朝に、その歌詞に少しだけ「老婆の心情」を書き足した。

それが、結果的にサビとなる


「おもちゃはおもちゃ箱へ
 おもちゃは一人では 何も出来ない

 おもちゃはおもちゃ箱へ
 存在する意味も 価値も分からない」


の一説。

とまぁ、のた打ち回って歌詞が完成したわけだけれども、と言う事で、曲が出来てない。


取りあえず、しょうがないので、レコーディング中に、ギターのリフを作って、ドラムを作っていく。

んで、最後にそのドラムとギターリフに乗せて、即興で、朗々と語った。すると、無意識に、最後の「老婆の心情」の部分だけが、メロディーになって出てきた。

そんな感じ。

ちなみに、この最初に撮った仮唄のほうが、実は個人的には凄くいい感じだと思ってる。

実際に、収録したのは、ちゃんと取り直した方なんだけど、即興ならではの不安定感が、実に、曲や歌詞のイメージとマッチしてて心地良かった。さすがに、録音状況が悪すぎて、泣く泣く撮り直したけれども・・・

それでも、今回のアルバムでは群を抜いてお気に入りの曲になった。

追い詰められると、まだまだ、搾り出す事が出来るみたいだ。

当初想定してたよりも、はるかに良い歌詞が書けて、はるかに良い曲になったと思っております。

何気にプログレ。そして、サビに至る過程が、大好きな「キング・クリムゾン」の「エピタフ」のように、張り詰めて張り詰めて張り詰めた感情が、ブワッと流れ出たように繋がってると、個人的に思っております。個人的に思うくらい良いじゃないか!!

そんな、チョッと緊張感を持った曲で後半の幕が開く感じで、この緊張感を保たせる為の1曲へ。

では、次回は「お耳汚しを召し上がれ~と言う演出」でお会いしましょう。

さようなら。さようなら。さようなら。




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。