超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年10月11日12:53

注射器の中のレントゲン現像液を膿のたまった首筋の大きなできものにぶち込め

基本的には、単行本派です。ハンターハンターが載ってるジャンプ以外は買わないし、そもそも、基本的に立ち読みもしない。単行本まで、耐え忍ぶ戦いを行っております。でも、たまたまチョッとだけカイジを読んだ。・・・読んだら、凄いことになってた!その前を読んでないから、単行本までの話と今の話との間は妄想になるけど、・・・嘘だろ!!な展開。・・・いや、それ以外考えられない。久々に、度肝を抜かれる展開になりそうだ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注射器の中のレントゲン現像液を膿のたまった首筋の大きなできものにぶち込め
2014年10月11日12:53      cat  :  気分
基本的には、単行本派です。

ハンターハンターが載ってるジャンプ以外は買わないし、そもそも、基本的に立ち読みもしない。単行本まで、耐え忍ぶ戦いを行っております。

でも、たまたまチョッとだけカイジを読んだ。・・・読んだら、凄いことになってた!

その前を読んでないから、単行本までの話と今の話との間は妄想になるけど、・・・嘘だろ!!な展開。

・・・いや、それ以外考えられない。

久々に、度肝を抜かれる展開になりそうだ。単行本発売が心から待たれる今日この頃・・・

さてさて。

また、どこかで選挙でもあるみたいで、「やいのやいの」と五月蝿い感じ。

当選したら、見向きもしなくなるくせに、選挙が始まると、車で街中を練りまわり、街頭でダラダラ話をして・・・と、イライラしててもしょうがないか・・・

今回、その中で「県内初の女性町長を」みたいなことを言ってた候補者さんがいるみたい。何となく、その言葉だけが耳に残った。候補者さんの名前は分からないけども。

個人的に、男女差別はしない。

だから、女であろうとも気にいらなければ、グーで殴る。口汚く罵る。泣いても許さない。「女の子に手を上げるなんて最低」と言われても知ったことではない。そう言ってる顔面をグーで殴って、歯をへし折ってやる。(まぁ、実際は、そんな事やる勇気もないけど。)

それが、男女平等だ。

男女平等を言うのなら、生理休暇など認められる訳がない。男女平等だからだ。

そんな志茂田さんには、前述の候補者さんが凄い鼻につく。

「県内初の女性町長を」と言うからには、このおばさんは「男女差別迎合主義」なんだと思う。それだけでも、すでに話が合いそうにない。

自分が女である事を前面に押し出すヤツは、間違いなく差別主義者。仮に、「男女平等」をうたっていたとしたら、とんでもないペテン師で、偽善者だと思う。

そもそも、このおばさんが言う「県内初の女性町長を」と言うコピーがすでに意味不明。

なんだ?女性が上に立つ素晴らしい社会を作ります。とでも言いたいのか?女性の為の社会を作ります。とでも言いたいのか?

それは、そのまま「女尊男卑」な、男女差別バリバリ全開ぶっちぎりだぜ社会と言う意味な事が分かってるんだろうか。

かつて本当に日本が「男尊女卑」だった時代はあった。確かに。

そして、その時代においては、女性が当たり前の権利を獲得する為の男女平等には意味があっただろうて。

でも、今の事態、そんな男尊女卑か?むしろ、調子に乗りすぎたこの候補者のおばさんみたいなヤツが増えたせいで、「女尊男卑」極まりない社会になってる様に感じてしょうがない。

チョッとも前にも「塩村なんとか」って言う、いじめ大好き変態女が、「結婚しろ」って言われたレベルで、うそ泣きして、世間の同情を集めようとしてた。けど、それは、言われてもしょうがないと思う。

それが、お前らが望んでた「男女平等」なんだから。

「男女平等」とは、都合のいい事はすべて、男と同じだけになって、都合の悪い所は女だからで許されるものじゃあない。

男だから、女だからと言う部分を省いた人としての部分で、見ていく必要が少なからずあるんだろう。

そう言う面で見たところ、このおばさんは、オレの中では、「なし」。

まぁ、そんなふっと思っただけの話ですよ。

はい。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。