超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年10月07日23:15

信じるものは資本の正義

こんな夜は、少しだけ昔の事を思い出してしまう。そんな夜もあったりなかったりする。割と、自分語りは好きな方で、色んな話をブログとかでは、ダラダラと垂れ流すけれども、実は、周囲に対しては、あんまり話したりはしない。家族にもあんまり話してこなかった。多分、嫁が一番そう言う話に関しては知ってるだろうと思う。誰にも話してこなかった色んなチョッと苦い思い出や、赤面モノの厨二病な思い出。それは、永遠にオレの心の...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信じるものは資本の正義
2014年10月07日23:15      cat  :  気分
こんな夜は、少しだけ昔の事を思い出してしまう。

そんな夜もあったりなかったりする。

割と、自分語りは好きな方で、色んな話をブログとかでは、ダラダラと垂れ流すけれども、実は、周囲に対しては、あんまり話したりはしない。

家族にもあんまり話してこなかった。

多分、嫁が一番そう言う話に関しては知ってるだろうと思う。

誰にも話してこなかった色んなチョッと苦い思い出や、赤面モノの厨二病な思い出。

それは、永遠にオレの心の中だけにあるものだと思ってた。

でも、ある日気がついてしまった。そんな記憶が、確実に消え去っている。頭の中から消え去ってる。忘れてしまったのか、それとも、その思い出が入っている引き出しの開け方を忘れてしまったのか・・・

もうかなりの思い出が、自分の意志では思いだせない状況になってしまったいるらしい。

そんな中、ふと思い出した一抹の情景について。

オレは、小学高学年の頃、学校のソフトボールクラブに入っていた。若干、入らされていたと言う方が正しい気もするけれども。

どういう経緯で入る事になったのかは、あんまりはっきり覚えていないけれども、確か、小学校自分に割と話をしてくれてた「T君」に誘われて、それが嬉しくて・・・とかそんな感じだったように思う。

ソフトボールなので、やはり、体育会系。メンバーも皆そっち系。勉強より運動が好きで、口が悪くて、乱暴。そして、チョッと悪い事が好き。

オレは、そのクラブのメンバーととにかく馴染めなかった。

今考えると、もしかしたら、そのメンバーはオレの事をそこまで嫌ってはなかったかもしれない。ただ、彼らの普通の接し方、いじり方がオレにとっては、もういじめのようにしか感じる事が出来なかった。

監督とかも、今から20年ほど前なので、暴言体罰あり、練習中は水分補給なし、罰はグラウンド周回。と言う、時代。

良くソフトボールを投げつけられたり、ヘルメットの上からとは言えバットで頭を殴られたりしてた。(もちろん、本気ではしてないけど。)

入ってすぐに後悔したけれども、怖くて辞めるとも言えなかった。

頑張ってやり続けて結果、こんなオレでも、レギュラーになれ、打撃の方だけは認められ4番を打たせて貰えてた。(守備はからっきしだったので、DH制がある試合では、打撃専門だったけども。)

その頃には、そのチームには、居場所が出来てた。結果的には、引退後もOBとして、時々指導がてらに様子を見に行く位になってたし。

今となっては、チョッと良い思い出になってると思う。

今日、思いだした情景は、そうやって自分の居場所が確保できる前、入って数カ月の頃。

練習は毎週土日にあったんだけど、とにかく、その土日が嫌でしょうがなかった。

出来るだけ休もうと、仮病を使いたかったけれども、なかなか嘘をつけなくて、いつもいやいや練習に参加してた。

そんなある日、本当に体調がすぐれない日があった。

熱はなかったから頑張って学校には行ったけど、運動はできそうにない。と言う事で、その日は練習を休もうと思ってた。(無理すればいけない事もなかったけど、とにかく行きたくなかったから・・・)

そんな日に限って、オレを誘った「T君」が珍しく「一緒に行こうぜ」と家まで迎えに来てくれたんだよね。

オレとしては、「何て余計な事を!!」と思った。案の定、オレが休むことを容認してたじいちゃんは「せっかく迎えに来てくれたんだから、一緒に行けば?」と・・・まぁ、そうなるのはしょうがない。

とにかく休む気満々でいたオレは、その日、迎えに来た「T君」の方を見向きもしないで、「今日はオレは、本当に行けないんだよ。体調が悪くて・・・」と冷たく突き放した。

「T君」は、無言で立ち上がり、じいちゃんばあちゃんに「おじゃましました」とだけ言って出ていった。

ふと考えた。「T君」も、オレと同じで気が進まなくて、しかも入ったばっかりだから、練習が嫌で、だから、自分を奮い立たせる意味でも、誘いに来てくれたんじゃないかと・・・(実際、そんな感じだと、今でも思ってるけども。)

急に、心苦しくなってドアを出ていった「T君」を追うようにドアを開けて声をかけた。

「T君」は振り向かずに立ち止まった。

そこで、「やっぱりオレも行くから、チョッと待ってて」と言えれば、どれだけ良かったのか、オレの口から出た言葉は「ごめんな。監督に伝えといて」だった。

振り向きもせず「T君」は再び歩き出し、そして、一人練習へ行ってしまった。

学校であった時、練習の時とか、それからも、変わりなく接してくれていたけれども、「T君」がオレを誘いに来る事はもう二度となかった。

思いだしたのは、その「T君」の後ろ姿。

彼とは、高校から別になり、今は東京にいて、ほとんどこっちには帰ってきてないとか、伝え聞いてる。

今も元気しているのだろうか。

なぜ、思いだしたのかは、誰にも分かりはしない。

小学校の頃。とにかく、オレは友達もほとんどいなくて、いじめられる所か、相手にもされないまま過ごしてた。

その原因になるような、今考えるに「オレって最低だ」って思う事が沢山ある。

冒頭で書いたとおり、大半は忘れてしまったけど、それでも、まだ、沢山ある。

そんなヤツ、誰だった相手にしたくないだろうて。

ふと訪れる。少しだけ懺悔の夜。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。