超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年09月25日18:38

【王道軽症】オナニーノーツその5 「黒魔術ラヴィンユー」

オナニーと手コキどちらが気持ちいいかというと、単純な快感ではオナニーが上だと思う。でも、手こきには、自分以外の誰かの存在。がある。これが、単純な快感以上のものを生み出すんですよね。知らんけど。それに気付いてしまった。しかし、相手がいない。しょうがない。その辺の不特定大多数の人を相手にしよう。それが女なら露出狂。男なら痴漢となる訳ですね。うむ。分かりやすい!!さてさて、5曲目は・・・「黒魔術ラヴィン...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【王道軽症】オナニーノーツその5 「黒魔術ラヴィンユー」
2014年09月25日18:38      cat  :  沼レコード
オナニーと手コキどちらが気持ちいいかというと、単純な快感ではオナニーが上だと思う。

でも、手こきには、自分以外の誰かの存在。がある。

これが、単純な快感以上のものを生み出すんですよね。知らんけど。

それに気付いてしまった。

しかし、相手がいない。

しょうがない。その辺の不特定大多数の人を相手にしよう。

それが女なら露出狂。男なら痴漢となる訳ですね。

うむ。分かりやすい!!

さてさて、5曲目は・・・

「黒魔術ラヴィンユー」

ですな。

この曲は、チョッと特殊なんだよ。ホントに。

この曲の説明をする前に、「志茂田 聾二」について、語っておく必要があるだろうて。

そもそも、個人的な認識では、音楽制作においては「志茂田 聾二」はオレと弟の2人のユニットだと思ってる。

全体のプロットであったり、曲自体の製作はオレがやるけど、それの編集や演出については、ほぼ100%弟が担当しているからだ。

出来上がりについて、不満があった場合には文句言うけど、基本的には、弟の編集の他、勝手に何らかの演出的なファクターや音を追加してたりする事も良くある。

何しか、楽器の音色から、エフェクト、リバーブのかけ具合や、楽器ごとの振り方、何の楽器をメインにするかまで、全部弟が決めてる訳で・・・オレがやってるのは、骨組みを作ることだけ。肉付けは、弟が担当してると言っても過言ではない。と言うか、その通り。

それによって、オレが当初想定してたヤツより、毎回かなり完成度が上がったりするし、一人で作っては、絶対に作り出せない微妙な空気感がだせてる・・・と思ってる。

オレが監督なら、弟は演出。

そんな間柄なイメージ。

もし、オレが、レコーディングから、編集、ミックス、マスタリングまで全部一人で出来て、且つ一人でこなしてたら、「王道軽症」の完成度もかなり低かったと思う。

まぁ、ある意味信頼して、丸投げしてる感じだよね。いい感じに投げ返してくるし。

とは言え、全体的な骨組みを作ってるのはオレの方が割合がでかい。

ただ、この曲に関しては、そうでもない。

この曲に関しては、弟が作曲して、全体的なイメージのデモテープまで作ってる。

これまでもサンプリング的な感じやBGM的な感じの感じの作曲はしてたけど、メロディーラインや、その他の全体的なイメージまで弟が作ったのは、多分「志茂田さん」史上初だと思う。

むしろ、オレが、弟のイメージに合わせて、ギターを弾いたり、歌を歌ったりした感じ。

まぁ、趣味趣向が似通ってるので、似たような感じにはなるんだけど、それでも、やっぱりオレが作った曲とは違う異質な感じがある。・・・多分。

と言うか、オレの当初の予定では、3分位のアップテンポなロックをイメージしてたのに、あいつが持ってきた曲は5分を超える3拍子のミディアムテンポの曲だった。でも、いい意味で予想外で、面白かったので、そのままやってみた。と言う・・・そんな経緯。

結果的には、アルバムのまん中くらいに収録できそうな良い感じの曲になった。結果オーライというヤツか。

歌詞は、前作「影の上のボーニョ」の時に作って、仮撮りまでしたけど没になった曲「ジェイリーロックとミルキーウェイ」の焼きまわし。

没になっちゃけど、ネタとしては面白いから、勿体無いなぁ~と思って、引き出しにしまってたんだよね。

書き直したら、前よりかなり良い感じになったと思っております。

・・・こんなもんか。何か短い気がしないでもないけど。

まぁ、この曲に関しては、オレがメインで作ってないので、あんまり製作者目線で書くネタも少なめでもしょうがなし。

と、そんな、チョッと異質な曲を折り返しに、後半戦への繋ぎとして、過去の曲のセルフカバーをひとつ。

では、次回は「糧となるモノたち~ture of the world」でお会いしましょう。

さようなら。さようなら。さようなら。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。