超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年09月26日08:53

手マン

と言う訳で、2週間ほど前にブログのテンプレートをリニューアルしました。志茂田さん自体も、かなり老朽化してきているので、文字を大きくして、行間を広くして、とにかく読みやすく。読みやすく。をテーマにしてみました。あとは、記事数がいっぱいあることを悪用した「関連記事」の表示と、ヘッダーのナビゲーションの改悪、トップページをナビゲート専用ページに改悪した位か・・・まぁ、ガラリと変えてみたかったので、これで...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手マン
2014年09月26日08:53      cat  :  マンガ
と言う訳で、2週間ほど前にブログのテンプレートをリニューアルしました。

志茂田さん自体も、かなり老朽化してきているので、文字を大きくして、行間を広くして、とにかく読みやすく。読みやすく。をテーマにしてみました。

あとは、記事数がいっぱいあることを悪用した「関連記事」の表示と、ヘッダーのナビゲーションの改悪、トップページをナビゲート専用ページに改悪した位か・・・

まぁ、ガラリと変えてみたかったので、これでしばらく様子見してみよう。

で、少しずつ、いじっていこう。

ちなみに、もう少しで、80,000アクセスだそうで・・・凄いんだか、凄くないんだか・・・

さてさて

遂に。と、個人的には、思ってるんだけど、全くの新作マンガ書きに着手してしまった。

この物語。

実は、10年以上前の「G」と言うお話を作ってる時に、ほぼ同時に思いついた話で、その頃、次に書くのは「G」にしようか、今回書き始めた「やみせかい」にしようか。と悩んでた。・・・と思う。

それから、10年以上引き出しの中で温め続けてた。

で、「us」が完結し終わって、「王道軽症」が完成した6月辺りから、この物語のプロットを少しずつ作り始めた感じ・・・だったんだけど、先日、不意に出だしの数ページのイメージが浮かんできてしまったので、忘れないうちに書いてしまえ!

そして、着手してしまった。そんな流れでございます。

今回のお話を、10年以上前になぜ、選ばなかったのかというと、このお話には、終わりが無いからだったりする。

大体、お話を書くときには、「テーマ」と「終わり方」だけは、しっかり固めてから書くようにしてるんだけど、このお話に限っては、終わる事がない。書き始めたら、終わる事はできない。

ポルノグラフィティ的に言うと「終わりなど無いさ。終わらせる事はできるけどね。」なお話なんだよね。

だから、プロット作りながらも、書き始めることに、結構躊躇してた。

でもまぁ、やり始めたからには、多分、死ぬまで書いてるんだと思う。それで、どこまで書けるか分からないけど・・・少なくとも、今、頭にあるところまでは、書きたいもんだ。(多分、書いてる途中で、どんどん続きが広がり続けるんだろうけども。)

今回は、「us」の最後の方みたいに、自分で締め切りを作ったりはしないで、ちゃんと丁寧に絵を書いていく事にした。

そしたら、1時間以上かけて1ページしか書けなかった。

それでも、書き始めた。

また、一区切りまで書き終えたら、色んな人に読んでもらおう。

それすらも、結構先の話になりそうだけれども・・・

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。