超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年09月15日22:42

新人バンドのテーマ~セカンドシーズン

先日、「X」の「紅」と言う曲を聴いていたとき、頭の中で、こんなイメージが再生された。「ペンキ職人の彼は、3時の休憩の時に、持って来てたオレオを食べようと思ったけれども、手が滑ってしまい、オレオを赤いペンキの中に落としてしまった。」「紅に染まった このオレオ・・・慰めるヤツは もう居ない・・・」さてさて。バンド再結成ブームもひと段落したのかと思いきや、今年に入って、ウルフルズががっかり再結成して、光GENJ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新人バンドのテーマ~セカンドシーズン
2014年09月15日22:42      cat  :  マニアック音楽
先日、「X」の「紅」と言う曲を聴いていたとき、頭の中で、こんなイメージが再生された。

「ペンキ職人の彼は、3時の休憩の時に、持って来てたオレオを食べようと思ったけれども、手が滑ってしまい、オレオを赤いペンキの中に落としてしまった。」


「紅に染まった このオレオ・・・
慰めるヤツは もう居ない・・・」


さてさて。

バンド再結成ブームもひと段落したのかと思いきや、今年に入って、ウルフルズががっかり再結成して、光GENJI(ん?バンドじゃねえか・・・)が再結成するとか言う話が出てて、ついに、再結成しないだろう筆頭のひとつだった「BOOWY」までも、再結成の話が出てきてる。

バンドの再結成・・・

となると、どうしてもキンショーの「新人バンドのテーマ」を思い出す。

再結成後、初のアルバム「新人」の最後を飾る名曲。

本人達がどう思ってるかは別として、ファンの気持ち・・・をこれほどまで、的確に描いた曲もそうないだろうて。

「新曲なんか聴きたくない。
昔の曲をやってくれ。
どの面さげて戻ってきた?
ロックバンドの再結成」

う~ん。

この曲を、再結成したバンドが歌うと言う所が、やっぱり良いよね。

再結成ってなると、どうしても、きな臭い金の臭いがしてならない。結局、ソロになって売れなくて、お金がなくなったから再結成。見たいな気がしてしまう。または、過去の栄光を思い出して・・・とか。

期間限定の再結成のはずだったのに、いつの間にか、なし崩し的に、ズッと続いてるとか、何度も期間限定の再結成をしてるバンドに対して、ファンはどう思ってるんだろう・・・?

個人的には、やっぱり、ズッと活動してるバンドの方がカッコいいと思う。

「真心ブラザーズ」と「エレファントカシマシ」。

どっちも大好きだけど、最近「エレファントカシマシ」の方がカッコいいと思うようになった理由もこれだと思う。

あと、断続的なラルクより、ズッと頑張ってるGLAY。とか。

キンショーみたいに、一思いに「再結成」をネタにしてしまうのも、凄く好感が持てる。(まぁ、その前に、単純にキンショー信者なので、再結成自体が涙モノの感激だったんだけれども。)

ふと思ったんだけど、再結成の時って、大抵、解散時のメンバーが集まるよね。

キンショーもかつてのメンバーを集めて再始動しようとして、ファンにボロカス言われて、オーケンが不貞腐れて脱退した過去があるし。

やっぱり、止まった時が動き出す。と言う感覚なんだろう。(今でも、キンショーのドラムスは、やっぱり太田明が良いと思ってるオレが言うんだから、間違いない。と思う。なぜか、キーボードは、秦野さんじゃなくて、エディがいいんだけど・・・)

ただ、ライブにかつてのメンバーがゲスト出演するって言う演出は凄まじく好きだと思う。少なくとも、オレはそう。

Xの再結成ライブの時、東京ドームのステージにTAIJIが現れたら、多分、あのライブは、もっと伝説になってただろう。

でも、それは叶わなかった。

どうしても、脱退メンバーって言うのは、解散よりも絶望的な決別で、お別れした場合が多いからだと思う。

活動中の脱退ってのは、その位の覚悟がいるんだろう・・・

一部を除いては・・・

聖飢魔Ⅱなんて、頻繁に「悪魔オールスターズ」とか言いながら、歴代のメンバー全員呼んでライブしてる。

あいつ等、悪魔のクセに仲良しすぎる。

キンショーだって、しょっ中色んなトコで、元メンバーと一緒に活動してる・・・と思ったら、武道館のライブの時に、歴代ギタリストは来るわ、絶縁してた太田明は来るわ、キーボードがエディと、秦野さん2人になるわ、挙句の果てに、元ドラムのみのすけが何故かギターで参加して、あの伝説の「大釈迦」でしょ・・・

こいつらも仲良しすぎる・・・

挙句の果てには、去年のケラの「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー」だよ。

かつてのケラが携わったほぼ全てのユニット、バンドが参加って・・・しかも、有頂天なんか、第何期ごととかで、そのメンバーが参加したとか何とか・・・

しかも、場所は、新宿LOFTって・・・あそこ、キャパ500人くらいじゃなかったっけ?

この人たちは、そもそも仲良しな上に、本当に音楽を楽しんでるんだろうね。

そんなの見てると、XのライブにTAIJIが参加できないまま、TAIJIが死んでしまったとか、哀しすぎる。

オレは、X信者じゃなくてよかった。

キンショー信者だからニコニコしながら彼らの活動を見守れるけど、X信者だったら、多分色々辛すぎて、心が病んでると思う。

・・・んと・・・何が、書きたかったのか良く分からない、変な文章になっちゃった・・・けど、長くなっちゃったので、この辺で・・・

確か、10月のキンショーの新譜が楽しみだ~って話を書こうと思ったはずなんだけどなぁ~・・・

THE SHOW MUST GO ON!!







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。