超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年09月07日21:44

【王道軽症】オナニーノーツその3 「惑星ひとりぼっち」

きっと誰も期待していない。孤独なオナニーの夜だよ。オナニーとは、どこまでも孤独であり、そして、どこまでも誇り高いもの。全ての男子諸兄よ。今こそ、ちんこを握るのだ。まんこを妄想しながらも。と言う訳で、第3回目は「惑星ひとりぼっち」これも、実は、その前の「死合わせとシャボン玉の唄」と「惑星ひとりぼっち」でひとつの曲なので、ひとつの曲として書く。もっと言うと、実は、「死合わせとシャボン玉の唄」の前半部分...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【王道軽症】オナニーノーツその3 「惑星ひとりぼっち」
2014年09月07日21:44      cat  :  沼レコード
きっと誰も期待していない。

孤独なオナニーの夜だよ。

オナニーとは、どこまでも孤独であり、そして、どこまでも誇り高いもの。

全ての男子諸兄よ。今こそ、ちんこを握るのだ。まんこを妄想しながらも。

と言う訳で、第3回目は「惑星ひとりぼっち」

これも、実は、その前の「死合わせとシャボン玉の唄」と「惑星ひとりぼっち」でひとつの曲なので、ひとつの曲として書く。

もっと言うと、実は、「死合わせとシャボン玉の唄」の前半部分は、全然別の曲「幸せと死合わせ」の前奏部分。この曲自体が、罰曲となったけど、前奏部分だけは気に入ってたので、それを「シャボン玉の唄」の前奏に無理やりくっつけた。と、そんな感じ。

で、この曲の内容。

この曲は、多分、今回のアルバムにおいて、「白痴にも書けるラブソング」と並ぶ、最も思い入れの強い曲。正直、強すぎて、アルバムに収録するんじゃなくて、「もよもよの風」のように、ひっそりと要所要所で歌い継いでいく曲でもいいと思ってた。

詳しくは、書かない。と言うか、書きたくない。

許してもらうつもりもないし、忘れるつもりもない。ずっと背負って生きていく。

ただ、そう言う唄。

それ以上でも、それ以下でもない。

誰にも分かってもらえなくても良い。オレと、嫁が分かればそれでいい。

オレと嫁だけはこの曲を聴くと、悲しい事が色々まざまざと浮かんできてしまう。

そんな唄。

登場人物は3人。

歌詞の中で、あえて、目線の表記は省いているけど、3人それぞれの目線から見たそれぞれをない交ぜに描写してる。

そうする事で、きっと、分からないヤツには、良く分からない抽象的な表現だけど、分かるヤツ(まぁ、オレと嫁だけど)には、それがわかるようになってると思う。

大切な曲なので、率先して聴きまくる事も、歌いまくる事もないけど、いつまでも受け継いでいくと思う。

この曲で、一度落としたあと、ここから、アルバムは本懐となっていく。

と言う事で、次回は珍しい長調の曲「今宵、『ただいま』はゼロになる」でお会いしましょう。

さようなら。さようなら。さようなら。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。