超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年09月01日20:00

リンスしかいらないデ・メリット

仕事の範疇について考えてみる。何か、社蓄だけでなく、経営者にしても、365日休みなし!と、何を言いたいのか自慢してるおっさんとかいるけれども…それは、果たして自慢できる事なのか…?と。ただ、それを考える為には、冒頭の「仕事の範疇」と言う部分を結構、考えていかないといけないと思う。会社に来て働く事は仕事なのか?家で会社の仕事の残りを片付ける事は仕事なのか?家で副業をしている事は仕事なのか?家で趣味に没...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンスしかいらないデ・メリット
2014年09月01日20:00      cat  :  気分
仕事の範疇について考えてみる。

何か、社蓄だけでなく、経営者にしても、365日休みなし!と、何を言いたいのか自慢してるおっさんとかいるけれども…

それは、果たして自慢できる事なのか…?と。

ただ、それを考える為には、冒頭の「仕事の範疇」と言う部分を結構、考えていかないといけないと思う。

会社に来て働く事は仕事なのか?

家で会社の仕事の残りを片付ける事は仕事なのか?

家で副業をしている事は仕事なのか?

家で趣味に没頭している事は仕事なのか?

本を読むことは仕事なのか?

それが、漫画の場合には仕事なのか?

子どもと遊んでいるのは仕事なのか?

家事をやっているのは仕事なのか?

・・・仕事。とは、現代社会において、「対価をしてお金を貰うこと」と、甚だ誤解されがちだけれども、そうじゃないと思う。

個人的には、仕事とは、生きていく事を維持していく為にするべき事だと思っている。

例えば、完全自給自足をしてるおっちゃんが居たとして、そのおっちゃんは、別にお金の為じゃあないけど、自分で食べる為の作物を作る事を多分「畑仕事」と言うと思う。なぜなら、完全自給自足で、生きていく事を維持する為には、自分で食べるものを作らなくちゃあいけないから。これは完全に仕事だと思う。

この観点で、飛躍すれば、生きていく事を維持する為に、家庭を維持する事(つまり、家事や子育て)も十分に仕事だと言えるだろうて。

・・・と考えれば、さて。

365日休みなし!は自慢できる事なのか。

結論を言えば、普通誰でもしてる事だ。

むしろ、そんなの「オレ、朝ごはん食べる為に、自分でご飯よそって、目玉焼き作ったもんね」と自慢してるレベル。本人からすれば、頑張ってるつもりかも知れないけれども、傍から見れば失笑ものでしかない。

しかも、そんな事を自慢してるおっさんなんて、下手したら、休日には、本当の意味での仕事をしてない場合が多い。家事をしない、子育てをしない。「仕事で疲れてる」から、仕事をしないらしい。

ひとつの会社としてみた場合。「オレ午前中仕事して疲れたから、午後からは、仕事しないね。」は、なかなか通らないと思う。

それを、自分の視野が狭いから、会社と言うひとつのくくりでしか、仕事を見れてなくて、もっと大きな社会的な視点で見たときに、失笑ものの自慢をしてしまってる。と言う場合が多いかも知れない。(知らんけど)

ついでに言うと、経営者の場合なんて、もっと情けないと思う。

だって、自分の初めた事の話でしょ?

自分で始めておいて、それを1年中やってるから「オレ凄いだろ」って、そんなのしらね~よ。嫌なら、辞めろよ。と言うだけ。

なんだったら、会社で仕事した後、家帰ってからも、副業をしてたり、家事を手伝ったり、それを休日にしてる、365日休みなしって結構居ると思うけども。

ビジネス書を読んでる?だからなんだよ。

じゃあ逆に、漫画読んでるのか?小説読んでるのか?映画見てるのか?ドラマ見てるのか?

ビジネス書しか読んでないから、そんな狭い視野で、固い頭になってんだろうが。もう少し、漫画でも読んで、柔軟性を持たせてみろ。

インプットの方法も、広げられないから、そんな、恥かしい事自慢するんだよ。

と、なるんだと思う。

理想を言えば、楽しい事をやって、生きていけたら、それが何よりなんだけど、それが出来てる人って、なかなかどうして少ない。

「仕事を遊び」と言い切れる、数少ない勝ち組の方には、羨望のまなざしを向けつつも、今日も色々頑張ります。

嫁ともども365日、休みなく。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。