超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年08月21日14:45

千年後の赤の女王とその末裔

以前。ブログ内でも取り上げたこのある「有性生殖のパラドックス」を「赤の女王説」で説明すると言うネタ。(それについて、詳しくはこの記事を読んでくだされ。赤の女王その愛深きゆえに)超簡単に言うと、頑張らないとうまくいかないよ。と言う、話なんだけれども・・・ここ最近・・・本当に、人類。と言うか、日本人。頑張らなくなってきてると思う。もちろん、頑張ってるとは思うよ。思うけど、今回話題にする「有性生殖のパラ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千年後の赤の女王とその末裔
2014年08月21日14:45      cat  :  気分
以前。ブログ内でも取り上げたこのある「有性生殖のパラドックス」を「赤の女王説」で説明すると言うネタ。(それについて、詳しくはこの記事を読んでくだされ。赤の女王その愛深きゆえに

超簡単に言うと、頑張らないとうまくいかないよ。と言う、話なんだけれども・・・

ここ最近・・・本当に、人類。と言うか、日本人。頑張らなくなってきてると思う。

もちろん、頑張ってるとは思うよ。思うけど、今回話題にする「有性生殖のパラドックス」と言う観点から考えた上では、本当に頑張らなくなってきてると思う。

男も女も30代以上で独身子どもなし。がベラボーに多い。

見渡せば、むしろ、結婚して、子どもがいる方が少数なんじゃねえのか?と思うほどに多い。

当たり前の話だけれども、一人っ子として生まれてきた場合には、2人以上子どもを持たなければ、相対的に見て、人口は減っていってしまう。相手も一人っ子の場合なら、4人以上だ。

それなのに、ここ最近では、むしろ結婚しない、子どもを産まないが多数派になっちゃってるので、1夫婦に付き、5人や6人産んでも、緩やかに人口は減少するだろうて・・・

昨年。日本人は、この地球上から、22万人以上も減少した。

今年は、もっと減少するだろうと言われている。

このペースで減少を続けていけば、数世紀後には、地球から、日本人と言う人種は消滅している・・・とも言われている。

のに。

のに。

男も女も30代以上で独身子どもなし。がベラボーに多い。

何かね。子どもを産んでも、お金がなくて育てられない。とか・・・そう言う話なら、まだ納得できるんだけど・・・

そもそも、結婚に興味がない。異性に興味がない。セックスに興味がない。と言うのは、どう言う事だ?

今、右手でチンコ握ってるヤツがいるなら、それはまだ良い。

性欲自体が希薄に乏しい「絶食」と呼ばれるヤツもここ最近は結構いる。

もうね・・・絶食するなら死ねよ。と思わないでもないけど・・・

問題は、これが、単に経済の低迷とか、未来が見えないから・・・と、位置づけられている事だと思う。

本当に、そうなのだとすれば、言っちゃあ悪いけど、日本なんかより、はるかに経済的にも苦しくて、治安も悪くて、環境的にも子ども育てられない地域もある。むしろ、そっちの方が多い。

でも、そう言う地域に限って、子どもは沢山いて、人口が爆発的に増えてるんだよ。

人口減少の根幹的問題は、経済的なものでも、社会的なものでもない。

・・・きっと、本能的なものだ。

日本人自体が、もう、地球と言う星に存在する事に嫌気が差してきてるんだと思う。

個人個人の意思ではなく、相対的に見た人種、民族としての大きな方向性として・・・

それは別に、 韓国 日教組に、アホみたいな自虐史観で洗脳されたからとか、そんな問題じゃあなく(そもそも、あんな生ゴミ民族如きに、左右されたりしないって。)もっと大きな何かなんだと思う。

時に人は、「神の意思」と言うかもしれない。

ムー的には、「サムシンググレート」と言うかもしれない。

とにかく、その何かが、凄く気力を失ってきてるようにしか思えない。

単純な話。例えば、今、日本でアフリカばりの出生率になれば、年金問題も解決し、労働力の確保もでき、経済も回り始める。そうなれば、日本の企業は日本人を雇うようになるから、チョンとかチョンとかチョンとか、金せびって、犯罪起こすしか能がないクズも居なくなる。そして、日本は劇的に復活すると思うんだ。

それが分かってるから、国とか、地方自治体としては、子どもを産む事。育てる事に諸手を挙げて、奨励してるんだろう。

変な欲を持たなければ、本当に、義務教育終わるくらいまで、国のお金で子育て出来るかも知れないような制度だってある。

でも、産もうとしない。育てようとしない。

お金とか、環境の問題じゃあないんだって。多分ね。

ただそれは、いっそ、お金とか、社会の問題だった方がよかったような、恐怖を覚える事実。

緩やかな絶滅に日本人は、足を突っ込んでいこうとしている。

フリーメーソンとか、イルミナティーとか、ロスチャイルドとか、ユダヤとか、そんな規模じゃない、もっと大きな何かによって・・・

知らなければ良かった事って、沢山あると思う。

この事だって、数世紀先に絶滅するなら、その頃オレは生きていないだろうし・・・

でも、妄想し始めると止まらないんだ。

昔からそうなんだ。

夜は、そうして、眠れなくなるんだ。

おやすみなさい。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。