超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年08月08日20:37

青い月の夜~前篇~

音楽の始まりの話。と言えば、単純に親に勧められて、幼稚園前から、ピアノを習ってましたが、小学生くらいで、意味を見いだせずに辞めてしまいました。終わり。なのかもしれない。その後、中学生に入り、もう一度ピアノを習うようになった。取り合えず、オレが弾いてるピアノに関しては、ほぼ100%この時期の技術だけで補っている。その後、成長などはしていない。むしろ、高校の頃の方が、圧倒的に鍵盤を弾く技術は高いと思う。...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青い月の夜~前篇~
2014年08月08日20:37      cat  :  気分
音楽の始まりの話。

と言えば、単純に親に勧められて、幼稚園前から、ピアノを習ってましたが、小学生くらいで、意味を見いだせずに辞めてしまいました。

終わり。

なのかもしれない。

その後、中学生に入り、もう一度ピアノを習うようになった。取り合えず、オレが弾いてるピアノに関しては、ほぼ100%この時期の技術だけで補っている。その後、成長などはしていない。むしろ、高校の頃の方が、圧倒的に鍵盤を弾く技術は高いと思う。

ただ、そう言う話ではなく、自主的に音楽と言うものをやりたいと思った初めの話となれば、それは、きっと、中学3年の時の話になる。

当時、卓球部に所属しつつ、自分の事を天才だと信じて疑わなかった(逆を言えば、それ以外のほぼ全ての人を見下していた)オレには、友達と呼べる人間など、ほぼ皆無だったと思う。

それは、友人に恵まれてなかったとは思わない。オレでも、あの頃のオレとは、友達にはなりたくない。その位、ひねくれくそ曲がった中学生だった。

何とか、卓球部のやつらは、礼儀上の付き合い位はしてくれてた。・・・と思う。

それ以外に、もう一人。

登校拒否で学校に来てなかったヤツが居た。名前をヒロセと言うので、ここでは、H君としておこう。

オレは、そのH君と、クラスが同じだった。今はもうきっかけは、すっかり忘れてしまったけど、なぜか、オレは、このH君を家にまで行って学校に引っ張ってくる役割を与えられていた(元々、友達だからと言う理由だったような気もするけど。)。思えば、登校拒否してるようなヤツを相手にしてやってるオレって、やっぱ良いヤツ。と言う、糞みたいな偽善のためだけにやってたような気がして、本当に、当時のオレをぶん殴りたくて仕方がない。

でも、そんな事実があったりする。H君に会う事があったら、当時の話に花を咲かせながら、一言謝罪したいと思いつつ、一度も会えずに、この歳まで来てしまった。

まぁ、長くなったけど、前置きとしてはこんな感じだと思う。

ある日、部活の部長をしてたやつ。名前をタカギと言うので、ここではT君とする。そのT君が、「今年で中学卒業だし、文化祭で、バンドをやらないか?」と誘ってきた。それは、オレを。と言うよりは、部活の全員に対してだったように記憶してる。

ただ、卓球部。と言えば、そのステレオタイプ通り、引っ込み思案で、根暗なヤツばっかりだったので、そんな話に乗るヤツなんて居なかった。

自分の事を天才だと信じて疑わないオレ以外には。

そんなこんなで、文化祭でのバンド出演の話は、オレとこのT君を中心に動き始める事になる。

なるんだけれども、どうにも2人ではどうしようもない。かと言って、友達も居ないオレは、取り合えず、前述のH君を誘う事にした。登校拒否してるヤツを文化祭のステージに上げようと言う、鬼畜の様な提案だけど、「あいつなら、オレの言う事を拒否できないだろう」と言う、打算的な考えがあった。ホントに、殴りたい・・・

実際に、話を持ちかけた。チョッと脅しも入りながら。(やらないんなら、分かってるよな。もう、家に来てやらね~ぞ的な。)そして、半ば無理やりH君をバンドメンバーに入れてしまった。

3人いれば、なんとかなるか。と言う事で、3人で、パート決めと、演奏する内容の相談を始める。

卓球部のクセに目立ちたがり屋のT君は「ギター」を、オレは、ピアノを習ってたので「キーボード」を、消去法でH君はベースをする事になった。

そして、次に内容を決める。

目立ちたがり屋のT君は、今売れてるバンドのコピー。

オレは、オリジナル曲を。

引きこもりでクソオタクなH君は、好きなゲームの主題歌のコピーを。

平行線をたどった。

取り合えず、調和の為にある程度妥協できる(一番人間が出来てた)T君が、真っ先に折れ、後、二人は絶対にオレなかったので、オリジナル曲1曲と、H君のやりたかった曲をやる事で決まった。

ちなみにその曲は、「テイルズ オブ デスティニー」の「夢であるように」。DEENさんの曲ですよね。オレも、当時この「テイルズ オブ デスティニー」は結構はまってたので、そこまで拒否する気はなかった。「夢であるように」名曲だし。

実際に、動き始めたように見えた矢先・・・またしても問題が勃発した。

ベースのはずのH君が、自分のこずかいと、親の金を使って、ギターを買って来たのだ。消去法で、「じゃあ、お前ベースな」となってたけど、本人は、本当はギターがやりたく、T君がギターを手に入れる前に、ギターを買ってしまえば、あいつはベースをするしかなくなるだろう。と言う、まぁ、コミュ障引きこもり登校拒否中学生なら、納得の思考の流れと言ってしまえばそれまでだけれども。

T君もここはさすがに譲らなかったために、いきなりバンド解散の危機に。

まだ、一度も音合わせすらしてないのに・・・

で、どうしたかと言うと・・・

って、結構長くなってしまったので、この話、2日に分けます。

興味ある人なんていないと思うけど、次回を待っておくれやす・・・



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。