超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年08月06日23:47

時が経つのは早いのぉ~

この9月で、レベム結成15周年。・・・らしい。何の話か分かるやつは、たぶん、この日本に4人くらいしかいないと思う。レベムってのは、オレが、中学自分、初めて組んだバンドのこと。4人ってのは、そのことを覚えてる奴が、メンバーの中に何人かいるかも知れない。って言う、希望的観測で、言ってみただけだったりする。ただ、まぁ、実際、この前、昔っからの連れと飲んだときに、この話になったから、たぶん、希望的観測と言うだ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時が経つのは早いのぉ~
2014年08月06日23:47      cat  :  気分
この9月で、レベム結成15周年。・・・らしい。

何の話か分かるやつは、たぶん、この日本に4人くらいしかいないと思う。

レベムってのは、オレが、中学自分、初めて組んだバンドのこと。4人ってのは、そのことを覚えてる奴が、メンバーの中に何人かいるかも知れない。って言う、希望的観測で、言ってみただけだったりする。

ただ、まぁ、実際、この前、昔っからの連れと飲んだときに、この話になったから、たぶん、希望的観測と言うだけではないと思う。

当時、メンバーのほとんどが卓球部に所属してたので、親や教師からは、蔑みを含めて「ピンポンバンド」とも呼ばれてた。ちなみに、「レベム」ってのは、・・・「ラーニング 何とか ボーイ ミュージック 何とか 何とか」の略だったような気がする。命名したのは、ギター担当のT君(って言うか、タカギ)だったように思う。

凄まじいダサさ・・・

確か、ボーカル1人に、ギターが3人(4にんだったか?)、ベースが2人に、キーボードが1人、ドラムが1人、体育座りが2人の大所帯バンドだったはず。(オレは、キーボードね。)

このバンドの唯一ただ1回だけのライブで披露した、オリジナル曲「バッドラブ」は、なんとなく、オレが個人的に「影の上のボーニョ」と言うアルバムで、セルフカバーなどしてみてたりします。

カバーバンドだったんだけど、オレが、とにかく、楽譜見ながら練習するのが嫌で嫌で、作曲ばっかりしてたもんだから、オリジナル曲は割とたくさんあると思う。(と言っても、4曲位だけど・・・)

そのうち、「昇華」「true of the world」は、個人的に、セルフカバーしておりまして、あとの1曲「ENDEST」は、メロディーラインそのままに歌詞を書き変えて、その後、高校の頃にやってた「シータ」と言うバンドさんの曲「約束の場所で」になってるので、何気に、レベムのオリジナル曲は、全部形になってる。と言う事にしてしまっていんでしょうかね?

チョッと、そんなレベムの思い出話でも書こうかと思ったんだけど、この話を書き始めると、オレの中学時代の唯一の(と言って良いか微妙だけども。)友達、H君(っていうか、ヒロセ君)との、ちょっと甘酸っぱい話を書かなければいけない。

そして、その話は、バンドの話とは、ずいぶん外れてしまうので、また次回・・・と言う事で・・・

取り敢えず、オレのはじめてのバンド、レベムは結成されてから、今年で15年が経った。

そして、15周年で、当時のメンバーが集まって、再結成などと言う話はない。

このバンドは、オレと、あと一部の奴らの思い出の中だけのバンドなんだよ。

多分ね。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。