超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年08月04日23:30

鳥と空と海

ドリフ世代からは、少々外れます。全員集合世代ではありません。でも、子どものころから、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」を見て、「だいじょうぶだあ」を見て、「ドリフの大爆笑」を見て育ちました。本来なら、「ごっつええ感じ」の世代なんだけど、親が「ダウンタウンは教育に悪い」と言う素敵な方針だったので、「ごっつええ感じ」を見た事が実は、ほとんどないんだよね。でも、親父がドリフターズ大好きだったから、ド...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥と空と海
2014年08月04日23:30      cat  :  気分
ドリフ世代からは、少々外れます。

全員集合世代ではありません。

でも、子どものころから、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」を見て、「だいじょうぶだあ」を見て、「ドリフの大爆笑」を見て育ちました。

本来なら、「ごっつええ感じ」の世代なんだけど、親が「ダウンタウンは教育に悪い」と言う素敵な方針だったので、「ごっつええ感じ」を見た事が実は、ほとんどないんだよね。

でも、親父がドリフターズ大好きだったから、ドリフは見ても良かった。(今思うと、ドリフも大概だと思うんだけど・・・)

そんなこんなで、加トちゃんの現状を見るのが辛いです。

何か、体調不良とかでって言うなら、理解できるけど、あれは、どっちかと言うと、ゆるやかな公開老人虐待。でしかないと思う。

悲しいことだ。

さてさて。

文章力ってのは、書かないと、読まないと、どんどん低下していくらしい。

基礎的な、国語力とかは、減ったりしないだろう・・・って思ってたんだけど、文字から離れてると、それさえも亡くなっていく見たい。

結構愕然とする。

自分で書いた文章を読んで、「なんだ?この小学生レベルの文章は?」と。

何か、学生時代、本を読みあさって、新聞を読みあさって、書き倒しまくって、文章力を身につけようとしたのに・・・あれはなんだったのやら・・・

でも、ふと思う。

この文章力が全くなくなってしまえば、最後に残るものは何なんだろうか?

娘が描いてる絵を見ると、それはそれは凄い。絵の技術なんてものは、まったくないのに、自分の感覚だけで書き倒してる。目に見えたものを、思うがままに描いている絵。

あれに比べれば、デッサンとか、パースとかアホらしくなってくる。(もともと、そんなものに興味ないけれども。)

文章にも、同じことが言えないだろうか。

全く文章力がなくなってしまった後に残る文章。

それは、並大抵のことでは、書けないと思う。

でも、どうせ、文章力がなくなるんであれば、そこまで無くなれば良い。

亡くなってしまえば、そこに、凄い文章が並ぶんだろうて。

今は、言ってみれば、そこまで無くなるわけでもない、。ただの詰まんない文章・・・。こんなはずじゃあなかったのに。

絵で言うところのピカソがそれなんだろうね。ただ違うのは、彼は、すべてを習得した上で、意図してそれを捨てた事。

知ってしまった今、それを捨てる為には、何を捨てるべきかを、すべて習得しなければいけないんだろうて。

そんな文章については、来世に期待する事にしよう。

無念はひとたび毎に起きやがる。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。