超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年08月02日23:03

結構いい人だったから好きになっても良かったけどね

今まで結構な量の色んなジャンルの音楽を聴いてきたと思う。「まずは、邦楽を」と言う事で、メジャー、インディーズ問わず、とりあえず、目につくモノを片っ端から聴きまくったりした。し、最近では、いくつか洋楽も聴いてみた。その中には、やっぱりしびれる曲と、ホロっとなる曲も、ついつい聴きたくなる曲も、カッコいい曲も、可愛い曲も、おしゃれな曲も、何だかよく分からない曲もたくさんあった。もちろん、まだまだ聴き足り...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結構いい人だったから好きになっても良かったけどね
2014年08月02日23:03      cat  :  気分
今まで結構な量の色んなジャンルの音楽を聴いてきたと思う。

「まずは、邦楽を」と言う事で、メジャー、インディーズ問わず、とりあえず、目につくモノを片っ端から聴きまくったりした。

し、最近では、いくつか洋楽も聴いてみた。

その中には、やっぱりしびれる曲と、ホロっとなる曲も、ついつい聴きたくなる曲も、カッコいい曲も、可愛い曲も、おしゃれな曲も、何だかよく分からない曲もたくさんあった。

もちろん、まだまだ聴き足りていないと思う。全体の1%も聴いていないと思う。統計学的には、全然まだまだ何の傾向も分からない程度しか聴いてない。

でも、聴いてきた全ての楽曲がどうしても越えられなかった壁があって、その先にいたのは、やっぱり「筋肉少女帯」だけだった。みたい。

やっぱりね。別格なんだよ。「筋肉少女帯」だけは。

そんな「筋肉少女帯」の4年ぶりのニューアルバムが、今年発売になる。

それを、今からすでにそわそわと待ちわびているんですよ。

オレが、ファンになった時は、絶賛活動凍結中だった。うっちーとおいちゃんが、「筋肉少女帯」の名前を守り、オーケンは「特撮」、ふーみんは「XYZ→A」、太田さんは、よく分かんない状態だった。

そこから、奇跡の仲直り。

数々の名曲を実際に演奏するライブも見れて、新曲さえ聴ける。

それだけで、何と素晴らしい時代なんでしょうね。

と、思います。思うんですよ。

筋肉少女帯の曲に、嫌いな曲はない。

好きな曲しかない。

順位は、つけられない。

でも・・・何度も言うけど、一番好きなアルバムは、「キラキラと輝くもの」。

初めて、筋肉少女帯に触れたアルバム。

そして、あまりの興奮に、まったく眠れなくなってしまった初めて聴いた夜。

これは、思い出補正だろう。

オレが、ナゴムの頃を知っていたら、その時代、最高傑作と名高い「サーカス団パノラマ島へ帰る」か「仏陀L」「シスターストロベリー」を選んでただろう。

単純に楽曲だけで行くなら、初期の曲の方が、心に響くだろうし。

でも、オレは、「キラキラと輝くもの」が良いんだよ。

あのアルバムが。

どれだけ、ダウンロード、配信が主流になっても、オレは、好きなアーティストさんのアルバムを買い続けるよ。

形に残らないものに、愛情は注げないと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。