超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年06月08日15:22

まんこ直触りの感触

一冊の手帳・・・とはとても言えない、紙くずがある。それは、多分今も、オレの家のクローゼットの中で、大切に保管している。幼稚園に通ってた頃。初めて、「天空の城ラピュタ」と言う映画を見たオレは、ムスカに激烈的に憧れてしまい、ムスカが持っていた手帳(王の間の中にある石の前で見ている手帳)がどうしても欲しかった。あの手帳には、きっと、ラピュタ文字はもちろんの事、それ以外にもたくさんの秘密が書かれてあるんだ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まんこ直触りの感触
2014年06月08日15:22      cat  :  気分
一冊の手帳・・・とはとても言えない、紙くずがある。

それは、多分今も、オレの家のクローゼットの中で、大切に保管している。

幼稚園に通ってた頃。初めて、「天空の城ラピュタ」と言う映画を見たオレは、ムスカに激烈的に憧れてしまい、ムスカが持っていた手帳(王の間の中にある石の前で見ている手帳)がどうしても欲しかった。

あの手帳には、きっと、ラピュタ文字はもちろんの事、それ以外にもたくさんの秘密が書かれてあるんだろう。と、どこまでも、妄想を膨らませていた。

その時に、両親に「あんな手帳が欲しい」と一言言えば、それで手に入ったんだろうけど、当時オレは、何となく、それを欲しがっている事は、誰にも知られたくなかった。

なぜなら、アレは、秘密の手帳だからだ。秘密の手帳なのに、両親にその存在を知られてしまっては意味が無い。

悩んだ末、オレは、自分が持っていた「色紙」と「セロテープ」を駆使して自分で、手帳を作る事にした。

ハサミでサイズを揃え、ペタペタとセロテープで貼り付けていく。

完成した手帳は、当時のオレにとって本当に光り輝いていたように感じた。

早速中に書くことを考える。・・・秘密の手帳なのだから、書く内容も秘密にしなければいけない。

必死に考えた末、オレは、自分の好きなパンツの柄(女の子の)を書くことにした。・・・が、これは、本当に相当誰にも知られたくない秘密。秘密の手帳と言えども、誰かに見られてしまうかもしれないリスクがある。そこで、手帳の1ページの中に、更に、小さな紙を貼り付け、ポケットみたいなものを作った。そして、その中に、パンツの柄を書き、四方向から、セロテープで貼り付けた。

そして、25年以上が経とうとしている。

それ以来、誰もそのセロテープを剥がした人間はいないので、その中に書かれている内容は、本当に、この世の中で、俺しか知らない事になる・・・と思う。

結局、それだけじゃあ、1ページしか埋まらなかったので、それ以外のページには、オレは獅子舞が大好きだったので、自分が妄想した「相当カッコいいオリジナル獅子舞」を絵付きで紹介したり、いかに、如何にオレが悪いヤツだったかを知らしめる為に(今考えると誰にか良く分かんないけど・・・)犯罪暦(幼稚園の資材置いてる部屋に忍び込んで、キラキラ光る紙を盗んだ事や、女の子のブルマの中に手を入れた事など)を記したりした。

そのページは、今でも、(多分)見ることが出来る。

でも、その本当の秘密のページだけは、オレしか内容を知らない。

まぁ、今でも実物があるので、見ようと思えば、見る事は出来るんだけれども・・・今の所、オレしか知らない。

そんな事を、昨日の夜、ぼんやり考えてた。

長くなったけど、その内容を25年ぶりに、ここで公開してしまおうとか、そんな事まで考えてた。

考えてたけど・・・その内容は、4歳くらいだったオレの、本当にどうしても知られたくなかった秘密なので、やっぱり、墓場まで持っていくことにした。

・・・・と言う、そんなモヤモヤしたお話ですよ。

関係ないけど、その手帳を発端に、しばらくすると幼稚園中で同じクラスの園児達の中でブームとなり、皆、手作り手帳を持ってた。

そのうちの一人が「両面テープ」と言う神のアイテムを持っていたために、他のヤツが作る手帳は、物凄くきれい。オレのみたいにすぐバラバラにならないし、ベタベタにもならなかった。

羨ましかったけど、当時、クラスの中に友達と呼べるヤツも居なかったし、自分が最初なのに、教えを請うのもイヤだったから、オレは、ズッとその手帳を使い続けた。

ブームが終わって、皆が手帳とか持たなくなっても、オレだけは、その手帳に色々な情報を書き続けた。ページが足りなくなって、何度も何度も、ページを追加しながら・・・

今では、ただの紙くずのようになったその手帳。

もう少ししたら、オレの娘が同じようなものを作りかねない程に、時間が経ったけど、未だに、大切に保管している手帳。

本当に価値があるものって、多分、こういうものなんだと思う。

チョッとだけ、そんな思い出に浸ってみました。

はい。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。