超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年05月31日23:12

最初の遺書

「no lie-sense」さんのファーストアルバムばかり聴いております。ここの所。心が若干疲弊しているので、優しい音楽が欲しい。頭が疲弊しているので、軽い音楽が欲しい。そんな欲求があったりなかったりする中で、さほど意味のない軽いこの音楽が、凄くピッタリだったりする。とは言え、このアルバムが薄っぺらい訳じゃあない。一言でいえば、「最初から美味しいスルメ」だ。はじめて聞いた瞬間から、「何だ?!この凄い音楽は!!...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初の遺書
2014年05月31日23:12      cat  :  気分
「no lie-sense」さんのファーストアルバムばかり聴いております。

ここの所。

心が若干疲弊しているので、優しい音楽が欲しい。

頭が疲弊しているので、軽い音楽が欲しい。

そんな欲求があったりなかったりする中で、さほど意味のない軽いこの音楽が、凄くピッタリだったりする。

とは言え、このアルバムが薄っぺらい訳じゃあない。一言でいえば、「最初から美味しいスルメ」だ。はじめて聞いた瞬間から、「何だ?!この凄い音楽は!!!」ってなる上に、聴けば聴くほど、凄さと新しい発見があって、どんどん深みにはまっていく感じ。

物凄い作りこまれているのに、それ自体に何の意味もない。・・・と言う凄さ。

これ、モノ作りした事ある人なら、分かってもらえると思うけど、凄い事だと思う。

オレには、まだまだこんなものは作れない。でも、いずれ、作れるようになれたら、人生単位で、結構うまくいったとか思えるかも知れないし、思えないかも知れない。

答えは、まだずいぶん先になりそうだけれども。

さてさて。

歌詞カードのデザイン案を考えてて、ふと、娘の書いた絵を使おうかとか思ったんだけど、あんな素敵な絵は、オレと嫁だけが独り占めしておけばいいと言う、逆親ばかが発動したので、自分で絵を描く事にした。

「us」が完結してから、なんと、もうじき1年が経とうとしている。

その間。ホントに、まともに絵とか描いてなかった。ビックリする位描いてなかった。軽い落書きすら、ほとんど描いてなかった。

・・・でも、描けるもんですね。だてに、20年以上漫画描き続けてきた訳じゃあない。長い時間をかけて覚えた事は、簡単には忘れやしないとは、本当の事みたい。

ついでに言うと、根本的な画力がまた一つ上がってるような気がする。

絵を描いてなかったのに・・・でも、オレには、この1年間。これまでの人生と比べて圧倒的に変わった事があるんだよ。

それは、娘の事をずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと見てきた事。

さっき、嫁とも話してたけど、何か、これまでは、絵を描くって事を記号的に考えてたんだよね。例えば、下から見上げる構図を描く時には、こう言う角度の線を引いて、ここに影をつければ、そう見える・・・みたいな。

でも、そうじゃなくて、下から見上げる構図書きたいなと思った時に、良く分からんけど、こんな感じに描いたら、そうなるんじゃね?みたいな、抽象的な感覚で描いてみたら、以前より頭の中にあるイメージに近いものが書けるらしい。オレの場合。

そう言う事らしい。

絵を描くと言う事は、反復練習だと思ってた。もちろんそれはそれで重要だけど、オレの場合は、必要な事は、「見る事」だったと言う事か。

そう言えば、手塚治虫が言ってたな。「漫画がうまくなりたいなら、漫画を見ながら描くんじゃなくて、人間を見ながら描きなさい。」的な事を・・・手塚治虫こそ、記号的漫画の元祖のような気がしないでもないけど、でも、初期の頃の神懸かってた絵はそうやって生まれたんだろうて。

まぁ、そんな感じで、絵が描けたら、歌詞のデザインも作っていきますよ。

弟の方で、ミックスダウンとか進んでるんだろうか?知らんけど。ここまで来たら、急かしてもしょうがないので、ゆっくり作ってもらうのを待ちながら、のんびり絵でも描いていきますよ~っと。

aaaaaaaaa.jpg

この絵は、多分、歌詞の最後のページに使う・・・と思う。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。