超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年04月06日22:46

今考えてみれば君は一人で踊っていた

お花見をしてきた。例えば、今年の夏にでもオレが死んでしまったら、もう見る事が出来なくなってしまう桜の花。夏に、もう少しで死んでしまうから、桜を見ておきたいと思っても、見れやしない訳。今しか見れないいつもと違う風景と言うものは実に良い感じ。いくつかある日本に生まれてよかったと思う事に一つですね。・・・多分。ただ、お花見と称して、花見ないで、酒飲んで暴れてるおっさんとか、花見ないで人の悪口で盛り上がっ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今考えてみれば君は一人で踊っていた
2014年04月06日22:46      cat  :  気分
お花見をしてきた。

例えば、今年の夏にでもオレが死んでしまったら、もう見る事が出来なくなってしまう桜の花。夏に、もう少しで死んでしまうから、桜を見ておきたいと思っても、見れやしない訳。

今しか見れないいつもと違う風景と言うものは実に良い感じ。

いくつかある日本に生まれてよかったと思う事に一つですね。・・・多分。

ただ、お花見と称して、花見ないで、酒飲んで暴れてるおっさんとか、花見ないで人の悪口で盛り上がってるおばさんとかには、心の底から辟易する。別に、花見とか言う理由をつけなくてもいいから、どっか別の場所でやってくれよ。

オレは、純粋に桜の花を家族で愛でたいんだよ。

しかし、社会と交わって行くと言う事は、こんなおっさんおばさんを相手にしていかなきゃあいけない事でもあるらしい。

子どもが小学生になって、地区の子供会とかで行った先で、所謂「ママ友」と言う幼稚園レベルのくだらない派閥があって、その派閥毎に悪口で盛り上がってたりなんかしたら・・・とか思うと、相当、面倒くさいような気がしてならない。

一人で誰とも交わらずに自給自足で生きて行くなら、良かったけど、そうもいかない日々の中で、こんなおっさんおばさんとどう折り合いをつけていくべきなのか・・・思案にくれる日。

ただまぁ、せっかくのお花見なので、そんな事ばっかり考えないで、お花奇麗だったねとか、そんなことを考えて、眠りにつく事にしよう。

娘がよちよちと歩くようになりましたよ。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。