超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年03月12日23:08

てくてく魔神と絶望のターン

左腕にしびれとかつてない針で刺したような痛みが・・・しかも力がはいんない。これは、少しだけ経験した事のある感覚だった。数年前。オレは、そのまま左手の力を失うどころか、左半身がほぼマヒ状態になってしまい、チョッと長めのリハビリ入院を行う事となった。その時の事を思い出し、とてつもなく嫌な予感がした。けど、診察の結果は、腱鞘炎と肩こりによる神経圧迫のコンボ。接骨院での、治療によってあっと言う間に回復した...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てくてく魔神と絶望のターン
2014年03月12日23:08      cat  :  気分
左腕にしびれとかつてない針で刺したような痛みが・・・

しかも力がはいんない。

これは、少しだけ経験した事のある感覚だった。

数年前。オレは、そのまま左手の力を失うどころか、左半身がほぼマヒ状態になってしまい、チョッと長めのリハビリ入院を行う事となった。

その時の事を思い出し、とてつもなく嫌な予感がした。

けど、診察の結果は、腱鞘炎と肩こりによる神経圧迫のコンボ。

接骨院での、治療によってあっと言う間に回復した。(まだ、若干左手に力が入らないけど。)

健康と言うものは、健康なうちは特に何も感じる事はないけれども、いざ、不健康になった時、とてつもなく感謝するものらしい。

そして、必ず後悔する。もっと体を大切にしておけば・・・と。

なのに、健康になると、すぐにその事を忘れて、すぐ健康にかまけるようになる。

今回の事でまた、少し思い出す事が出来たよ。

歩けると言う事の凄さ。偉大さ。喜び。

左手でものを持てると言う事の便利さ。

リハビリの時、改めて「歩く」と言う行為を理論的になぞりながら、歩く練習をした。でも、それは、筋肉を動かしつつ、同時に重心を移動させつつ、バランスを取らなければいけなく、また、どのくらい足を動かすかを考えると言うとても難しいものだった。

感覚を取り戻した今となっては、また、当たり前のように歩けているけれども、それは本当は大変な事。

今、娘が、一生懸命立って、そして、この「歩く」と言う行為を一生懸命練習している。

娘の場合、健康体。ありがたい事に。

もうしばらくすれば、多分歩けるようになるんだろう。

願わくば、娘が、もう一度、「歩く」と言う行為を学びなおし、練習する日が来る事のないように。




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。