超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年03月03日23:39

やみせかい~シムガルドの章~

頭の中に、物語が浮かんでくる。頭の中に、イメージが浮かんでくる。頭の中に、言葉が浮かんでくる。頭の中に、構成が浮かんでくる。そんな感じで、久々にマンガでも描こうかと少し思ったり、思わなかったり・・・物語は、イグニアと言う、それはもうどうしようもないほど広大な世界から始まる。タイトルは「やみせかい」。実に、大学生のころから、妄想してた物語。その終わりのない物語の第1章に手を付けてしまうべきかどうか。...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やみせかい~シムガルドの章~
2014年03月03日23:39      cat  :  気分
頭の中に、物語が浮かんでくる。

頭の中に、イメージが浮かんでくる。

頭の中に、言葉が浮かんでくる。

頭の中に、構成が浮かんでくる。

そんな感じで、久々にマンガでも描こうかと少し思ったり、思わなかったり・・・

物語は、イグニアと言う、それはもうどうしようもないほど広大な世界から始まる。

タイトルは「やみせかい」。

実に、大学生のころから、妄想してた物語。

その終わりのない物語の第1章に手を付けてしまうべきかどうか。そんな所でちょっと躊躇してる。

だって、この話描き始めたら、多分、もう終わらない。オレが死ぬまでにどの位描けるか分からないけど、死ぬまで描き続けても終わらない。

それは何と無く分かってる。

だから、手をつけれられずいる。

そうやって気がつけば、もう当初のイメージが浮かんでから10年近く経とうとしている。

けど、まだ、描きだしてはおりませぬ。

いや、その前に、「王道軽傷」の完成だよな・・・


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。