超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年03月01日16:23

しめりほか弁ファイヤー

「ほっかほか亭」は「ほか弁」と略す・・・らしい。「ホットモット」は「ホモ弁」と略す・・・らしい。そんな所から、チョッぴりどちらの方が、高感度が高いのか分かるような・・・わからないような。学生時代には、よく「ほか弁」。食べました。いつも、丼ものにおかずを注文してたから、お箸は2膳くれる。で、家帰ると、自分の箸を使うから、結局、物凄い量のほか弁割り箸を所有してたように思う。もう少し過去に遡ってみる。オ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しめりほか弁ファイヤー
2014年03月01日16:23      cat  :  気分
「ほっかほか亭」は「ほか弁」と略す・・・らしい。

「ホットモット」は「ホモ弁」と略す・・・らしい。

そんな所から、チョッぴりどちらの方が、高感度が高いのか分かるような・・・わからないような。

学生時代には、よく「ほか弁」。食べました。

いつも、丼ものにおかずを注文してたから、お箸は2膳くれる。で、家帰ると、自分の箸を使うから、結局、物凄い量のほか弁割り箸を所有してたように思う。

もう少し過去に遡ってみる。

オレが、中、高校生の頃。

午後が半日休みの時とかには、いつも、今は亡きばあちゃんが、ほか弁を買ってきてくれてた。

オレがいつ帰ってきても、お弁当があるように、結構早い段階で買ってきて、それを冷えないように毛布にくるんで置いてた。

学校から帰ってくると、その毛布をあけ、もわぁ~っとするほか弁の匂いをかいだ。

温かかった弁当は、冷えていて、それで居て、元湯気の水蒸気が蓋にびっしり。それどころか、水となって弁当自体に満遍なく降り注いでいるもんだから、軽く全体に水を拭きかけたような状態だった。

でも、それは悪意があったわけじゃなくて、いつ帰ってきても食べるものがあって、しかも、それが冷えないように。と言う、ばあちゃんなりの心使いだったんだろうて。

ほか弁を食べると、不意にあの頃の事を思い出す。

昨日も、久々に食べながらそんな事を思い出してた。

色々あったばあちゃんだけど、故人を悪く言うのは好きじゃないし、そもそも、亡くなって1年以上経つと、思い出すのは、どちらかと言えば、チョッと良い思い出ばかりだったりする。(オレが誤って、コンタクトを洗面所で流してしまった時に、一日中下水のドブ攫いをしてた事とかね・・・)

そんなばあちゃんも、じいちゃんも居なくなっちゃった。

オレは、結婚して家を出て、新しい場所で家長になった。

そして、子どもが生まれ、親父とおかんが、じいちゃんとばあちゃんになった。

世代交代が進み、オレが育ってきた場所はもうなくなり、新しい場所と関係が出来始めている。

そんな10年に思いをはせて出来上がった曲が「3653」って曲だったりする。

まぁ、何が言いたかったかと言えば、「憂さ晴らし」だ!!

と、かつての沼さんの名言を使ってみた所で、お別れですね。

さようなら。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。