超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年02月05日22:34

寄る辺ない新月の夜の波

悲しみの連鎖は止まらない。止める必要もない。全ては必然であり、なるようになる。・・・らしいです。が、それを甘んじて受け入れる事が出来るには、まだ経験も不足しているだろうし、心持ちの余裕もない。受け入れられなければどうすれば良いか。ただ、右往左往して、茫然とするしかない。いつまでも。いつまでも。人が死ぬ物語を当たり前のように描いて来ていたけれども、その一つ一つについて、どこまで考察が及んでいたか鑑み...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寄る辺ない新月の夜の波
2014年02月05日22:34      cat  :  気分
悲しみの連鎖は止まらない。

止める必要もない。

全ては必然であり、なるようになる。

・・・らしいです。

が、それを甘んじて受け入れる事が出来るには、まだ経験も不足しているだろうし、心持ちの余裕もない。

受け入れられなければどうすれば良いか。

ただ、右往左往して、茫然とするしかない。

いつまでも。いつまでも。

人が死ぬ物語を当たり前のように描いて来ていたけれども、その一つ一つについて、どこまで考察が及んでいたか鑑みれば、ひどく浅はかだったように思う。

例えば、その死んでいくキャラクターにも、今、オレが四苦八苦しながらもやっている子育て。によって、大切に育てられた過去があるやもしれない。

そんな背景まで奇麗に掬い取った上で、物語を構成出来れば、さぞかし、良いお話もかけるんじゃあないでしょうかね。

ただ、それを表現しきる能力が足りないだろうて。

考察が足りないだろうて。

歌詞では、言葉足らず。

漫画では、画力足らず。

演劇では、人足らず。

などなど。

足らずねだりの夜ですよ。今夜は。

明日の朝が、何事もなく訪れますように、祈りつつ、今夜はここで眠りに落ちましょう。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。