超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年01月09日22:22

アンチゴット~色褪せてゆく写真のように愛しいあなたの思い出は夜に溶けて行く

少し前に物語を描いた。タイトルは「アンチゴット」(anti-god?)。この世界を創造した神が居たとして、その神が作りたもうた唯一無二の造形としてこの世に命をもった数々の生き物。彼らが、神の意志にそむき、神の作りたもうた造形である自分の姿かたちを、異形のものに改変する事で、誰が最も神に逆らい、そして、新しい神となれるかを競う。と言う、そんな物語。先日、パソコン内をあさってたら、その物語のために描いた絵の一...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンチゴット~色褪せてゆく写真のように愛しいあなたの思い出は夜に溶けて行く
2014年01月09日22:22      cat  :  絵!!
少し前に物語を描いた。

タイトルは「アンチゴット」(anti-god?)。

この世界を創造した神が居たとして、その神が作りたもうた唯一無二の造形としてこの世に命をもった数々の生き物。彼らが、神の意志にそむき、神の作りたもうた造形である自分の姿かたちを、異形のものに改変する事で、誰が最も神に逆らい、そして、新しい神となれるかを競う。

と言う、そんな物語。

先日、パソコン内をあさってたら、その物語のために描いた絵の一つが出てきた。

象(anti-god)_c_01

「象は自らの大きな体を小さくするために、モノを食べることをやめ、そして、やせ細っていきました。」

異形になろうとする全ての生物は皆、やがて何らかの不都合を抱え、死に絶えゆく。

神に逆らう事など出来やしないのである。

そんな形で、確かこの物語を終わらそうとしたように記憶している。

今なら、もう少し違う結末も書けるやもしれないと、密かに思ったりも致しました。

板野友美さんの変遷を目にして、ふと思い出した、昔書いた物語。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。