超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年01月08日23:12

別な道選んでたならもっと幸せだったろうに

世界は、絶望に溢れている。悲しみに溢れている。でも、少しだけ目線を上げて見ると、それでいても、幸せと言える事柄が自分の周りには数数え切れぬほどにある。過去と比べ、誰かと比べ、未来と比べ、不運だけではなく、幸せもまた、多様に存在している。人は幸せになる為に生きているのだと誰かが言った。人は幸せに気づくために生きているのだと別の誰かが言った。「ジョジョの奇妙な冒険」の第一巻冒頭部分にはフレデリック=ラ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別な道選んでたならもっと幸せだったろうに
2014年01月08日23:12      cat  :  世界観
世界は、絶望に溢れている。

悲しみに溢れている。

でも、少しだけ目線を上げて見ると、それでいても、幸せと言える事柄が自分の周りには数数え切れぬほどにある。

過去と比べ、誰かと比べ、未来と比べ、不運だけではなく、幸せもまた、多様に存在している。

人は幸せになる為に生きているのだと誰かが言った。

人は幸せに気づくために生きているのだと別の誰かが言った。

「ジョジョの奇妙な冒険」の第一巻冒頭部分にはフレデリック=ラングブリッジの「不滅の唄」が記載されている。


2人の囚人が鉄格子から外を見た。
1人は泥を見た。
1人は星を見た。


元来の話。人は、不幸なのか、幸せなのか。

ただ個人の心持を超越した一つのお話。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。