超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2014年01月07日22:35

陰謀とホログラムとひとつなぎの映画

陰謀論と言う言葉が大好き。それは、もうTVでも有名になってしまった、ハローバイバイのゲス野郎「関」が語るフリーメイソンの話だけじゃあない。そもそも、世界が・・・歴史がロスチャイルドと言う一つの家に支配されていると言うとんでもない話だったりする。ビルゲイツの資産が500億ドルだとしたら、ロスチャイルドの資産は800000億ドル位らしい。世を支配し、操るのは、究極的に見て資本だと言えるかもしれない。第1...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰謀とホログラムとひとつなぎの映画
2014年01月07日22:35      cat  :  UMA他オカルト
陰謀論と言う言葉が大好き。

それは、もうTVでも有名になってしまった、ハローバイバイのゲス野郎「関」が語るフリーメイソンの話だけじゃあない。そもそも、世界が・・・歴史がロスチャイルドと言う一つの家に支配されていると言うとんでもない話だったりする。

ビルゲイツの資産が500億ドルだとしたら、ロスチャイルドの資産は800000億ドル位らしい。

世を支配し、操るのは、究極的に見て資本だと言えるかもしれない。

第1次、第2次世界大戦を引き起こしたのも、そもそも、ユダヤ人を中東に追いやり、そこに国を作る為にナチスを作ったのも、日本と言うアジアの再果てで核兵器の人体実験を行ったのも、そして今、中国を再び戦争へと突き進めようとしているのも、全てロスチャイルドだ。

と言うのは、陰謀論では良く語られる話。

それが事実か、どうかは置いておいて。

例えば、オカルトの世界では良くある、「怪しい情報を流す事によって、本当の事実を隠す」と言う行為かもしれない。

ロズウェルにおける、UFO墜落事件のように。

KGBが行った数々の調査の様に。

陰謀論について語りはじめると、どうしても、「フリーメイソン」「イルミナティ」「ユダヤ」そして、「ロスチャイルド」と言う言葉に集約され始めてしまうけれども、もう少し視野を広げて見ればどうだろうか?

とてつもない研究成果がこのほど発表された。

と言うのも、「今現存しているこの宇宙が、別の高次元の宇宙が映し出すホログラムだと言う事が分かった」と言うのだ。

この世の矛盾を解決する理論として「超ひも理論」と言うものが存在している。

この世の全ては、高次元にある「ひも」の振動によって生み出された重力によって成り立っていると言う、良く意味のわからない理論。詳しくは、「度胸星」でも読めばいいと思うけれども、どっちにしても、なぜ、この理論でこの世のあらゆる矛盾が解決するのか、多分、どう考えてもほとんど理解できないと思う。

これについては、もう1+1が2になるように、そうなるものであると納得するしかないと思う。

オレは、学者さんじゃない。そんなに頭も柔らかくないし。

ただ、昔から妄想が得意なので、この研究成果を少々妄想踏まえて、面白おかしく考えて見る位は出来ると思う。

以下、多分に間違って理解したうえで、それを妄想の中で解釈していくので悪しからず。

「高次元のホログラム。」と言う何とも分かりにくい表現。

これをもっと分かりやすく表現するなら、つまり3次元の人間がスクリーンに映し出す2次元の映画のようなものだと思う。

この宇宙は、3次元以上の高次元の世界が映し出した映画みたいなもの。

1次元が点、2次元が点と線、3次元が点と線と奥行き。そして、4次元は点と線と奥行きと時間、そのさらに上5次元となると、もうなにが軸になるのかさえ分からないけれども、それが例えば、感情とか気持ちだとしたら…

高次元の世界に存在する知的生命体が、点と線と奥行きで作った舞台に、流れる時間を作り、そこに存在するものの気持ちを自由にできるように作り上げた一つの映画。それが、この宇宙だと。ここまで、この理論は飛躍する事さえできるように思う。

オレは、一つの映画に出てくるただのモブのひとり。

懸命に生きてきた。

悲しい事も苦しい事もあった。その中で、嬉しい事もあった。幸せに思う事もある。

でも、ただのモブのひとり。

この、高次元における知的生命体を人は「神」と呼ぶのかも知れない。

そう考えた時、ロスチャイルドによる陰謀論さえも、ずいぶんとちっぽけなものに見えてきてしまう。そして、途方もない強大な何かの存在に震えてしまう。

漫画などでよくある「メタ表現」とは、この事実に無意識に気がついてしまった作家さんたちの発信するメッセージなのかもしれない。

そう考えた時、日野日出志の描いた「悪魔の招待状」と言う一つの作品のとてつもない恐怖を思い出した。

そして、昔読んだ手塚治虫の漫画を思い出した。

その漫画、タイトルは忘れてしまったけど、実は、主人公が自分の人生が作られた演劇の様なもので、自分がその登場人物だと気がついてしまう。と言うお話だったと記憶している。

今回のこの研究結果は、とどのつまり、手塚治虫が生前に頭の中にあった漠然とした恐怖。そして、それを作品化したものが実は、妄想や空想ではなく、事実だったと言う事を証明した事になるのかもしれない。

世の中には、どこまでも強大な陰謀が存在する。

この宇宙を投影している高次元の世界さえも、さらに高次元の世界のホログラムでしかなく、さらにその世界すら、もっと高次元の世界のホログラムでしかないのであれば…

無限に続く回廊は、まるでメビウスの輪のごとくかもしれない。

ぞくぞくしますよね。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。