超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年12月27日22:20

もう二度と届かないこの思い

不意に時の流れを実感してしまった。いつの日か、今住んでいる家も出て行かなければいけない。子どもが大きくなれば、今の大きさでは、多分、狭くなる。その時、新しい場所へ移る事になるんだろう。それは、まぁ、しょうがない。どこに移り住むべきか。そんな事も、これから少しずつ考えて行こう。問題は、それ以上に、この家に残っている思い出の方にある。大学生のころ、4年間住んだ下宿、ひとり暮らししながら営業をしてた頃に...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう二度と届かないこの思い
2013年12月27日22:20      cat  :  気分
不意に時の流れを実感してしまった。

いつの日か、今住んでいる家も出て行かなければいけない。

子どもが大きくなれば、今の大きさでは、多分、狭くなる。

その時、新しい場所へ移る事になるんだろう。それは、まぁ、しょうがない。どこに移り住むべきか。そんな事も、これから少しずつ考えて行こう。

問題は、それ以上に、この家に残っている思い出の方にある。

大学生のころ、4年間住んだ下宿、ひとり暮らししながら営業をしてた頃に少しの間住んだマンション、そして、結婚してから移り住んだ今の家。

ふと、前者2つの家を出た時の事を考えていた。

どちらを出る時も、出るチョッと前までは、凄くさびしいと思ってた。けれども、実際、出る時になると、そんな大きな感慨はなかったように思う。それよりは、これから始まる新しい生活の方にばかり関心がいってしまう。そして、新しい生活が少し落ち着いてきた時に、また思い出して、さびしくなるんだ。

多分、今回も同じなんだろう。

ただ、今回は、思い出のレベルが違うような気がしないでもない。

本当の意味で独り立ちをしてからあと、何度も何度も起きてきたパラダイムシフトとでも言うような大きな出来事と意識の変化があった場所なんだよ。

今は、ただ、何気ない毎日を受け止めよう。

そして、いつの日かその毎日を懐かしく思い出し、さびしくなろう。

それもまた、生きて行くと言う事なんだろう。

あの頃は楽しかったと、懐古感に取りつかれながら、写真でも愛でるように晩年を生きる事が出来れば、そんな過去がある素晴らしい人生だったんだと思えるように…


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。