超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年12月14日22:26

ザ・ワールド21

人間の体感時間は、17歳で折り返しなんだとか。つまり、人生80年と仮定したとき、体感時間では、初めの17年と残りの63年はほぼ同じと言うことになる。確かに、子どものころ。一日がすごく長かった。一日がすごく面白かった。そして、一年なんて、途方もない長さだった。なのに、今。気がつけば、今年がもう終わろうとしている。オレが、「今年は、連休がほとんどない最悪な1年だ」と嘆いていた1年は、何と2年前に終わっ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ワールド21
2013年12月14日22:26      cat  :  気分
人間の体感時間は、17歳で折り返しなんだとか。

つまり、人生80年と仮定したとき、体感時間では、初めの17年と残りの63年はほぼ同じと言うことになる。

確かに、子どものころ。一日がすごく長かった。一日がすごく面白かった。そして、一年なんて、途方もない長さだった。

なのに、今。気がつけば、今年がもう終わろうとしている。

オレが、「今年は、連休がほとんどない最悪な1年だ」と嘆いていた1年は、何と2年前に終わっている。

オリジナルアルバム「影の上のボーニョ」を制作してから、もう4年の歳月が流れている。

高校時代の演劇部の皆と地元の体育館を借りきって一日限りの部活再開をしてからもう6年が経っている。

事故ってしまい、愛車ひろみつ君とお別れしてから、1年と半年が過ぎ去った。

これら全て、記憶の中では、ほんの数日前か、数か月前の記憶のような気がする。

子どもの頃に置き換えて考えてみる。

果たして、小学1年生の頃にあった出来事を、小学6年生の時に、ほんの数か月前の出来事だったように感じる事があるだろうか・・・

娘がもう少しで1歳になろうとしている。

1年前から考えると、少しだけど単語を話、こちらの会話をある程度理解して、ハイハイはおろか、つかまり立ちして歩こうとすらし、もう、オレとほぼ同じものを食べている今を、果たして想像できていただろうか。

オレの今年一年。間違いなく、ここまで経験値を積んで成長していない。

多分、娘にとってこの一年は、オレの数十倍に濃い一年だったんだろう。

思えば、子どものころ、親に連れられて高松まで車で出かけるだけでも、どれだけ遠いところまで行くんだろうと不安になってた。今とさほど変わらない時間。1時間やそこらだと言うのに。

オレも子どもと同じように、密度の濃い1時間を何とかして過ごして見たいとも考えるけれども、今はそれ以上の、その時間を過ごしている娘と一緒にいるだけで、精一杯。

でも、オレも親にきっとそうしてもらって大きくなったんだろうから、それでいいと思う。

娘が大きくなって、親になった時、オレと同じ事を少しでも感じてくれればなおいいと思う。

オレも、まだまだゆっくりではあるけれども、成長出来ていれば・・・と願う時。

今年の振り返りと来年の抱負は、もう少しだけあとにしよう。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。