超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年10月14日22:02

メタモルフォーゼ・オクトーバー

お仕事が忙しいらしい。ホントに忙しいらしい。今なんて、繁忙期とかでもなくて、例年なら、定時帰りヘヘヘイ。んで、残業代もないから、給料すくな!!ってなるこの時期なのに、深夜残業の手当てまで付けてもらっているような状況。いや、お金の問題じゃあないのだよ。遊びたい。個人的にも、家族とも。遊びたい。オレは、仕事が人生なんじゃない。仕事なんて、二の次なんだよ。と、そんな毎日を過ごしております。お久しぶりです...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタモルフォーゼ・オクトーバー
2013年10月14日22:02      cat  :  気分
お仕事が忙しいらしい。

ホントに忙しいらしい。

今なんて、繁忙期とかでもなくて、例年なら、定時帰りヘヘヘイ。んで、残業代もないから、給料すくな!!ってなるこの時期なのに、深夜残業の手当てまで付けてもらっているような状況。

いや、お金の問題じゃあないのだよ。

遊びたい。

個人的にも、家族とも。遊びたい。

オレは、仕事が人生なんじゃない。仕事なんて、二の次なんだよ。

と、そんな毎日を過ごしております。お久しぶりです。

さてさて。

今年も、秋のお祭りの季節。

仕事も上記みたいな感じだから、練習にも参加できずだけれども、そんなオレでも、呼んでくれるありがたい獅子組の皆様に感謝しつつ、今年も参加してきたよ。荷物運びとか、そんな感じの事メインで・・・のつもりが、いつの間にか、酒飲んで泥酔して、軽トラの荷台で寝てた。

まぁ、それも一興よ。

で、今年は、娘に氏子を付けてもらうと言う行事のため、お宮さんでの本番は不参加に。不参加と言うか、お宮さんでは、娘に付き添ってた感じ。氏子さんってのは、よく分かんないけど、地元の神様に、娘をお願いするみたいな儀式だと思ってる。

考えてみれば、お腹にいるときから、戌の日があって、お宮参りがあって、お食い初めがあって、今回の氏子があって、何回こんな儀式があるのだろう・・・?と思いつつ、子どもを地域の宝物として、ホントに、家族親族はもちろんのこと、地域の皆で大切に育てようと言う、そんな何かチョッと生暖かい素敵な風習だとも思った。

ましてや、それが自分の子ともなれば、ただただありがたいこと限りなし。

そのお陰もあって、順調に育ってる。

願わくば、地元香川の事も大切に思える優しい子になって欲しいもんだ。例えば、オレのようにな!!

で、今日は、年賀状用と言う意味以外にも、子どもが生まれた年なんだし、しっかり記念の写真を残しておこうと言うことで、カメラ屋さんに行ってきた。

最初は、スタジオアリスにしようと思ってたけど、あそこは、何か撮影データは著作権もあって撮影から1年は渡せないだの何だのと、明らかに調子に乗ってる対応がチラホラ見えたのでやめて、スタジオマリオにしてみた。

結局、スタジオアリスのスタッフがどんなかったのかはさっぱり分からないから、比較のしようもないけれども、すごく良かった。何か、アルバムとかの細かい要望も全部対応してくれたし、色々サービスもあった。何より、撮影データをすぐにくれると言う点が、かなり良い感じ。

別に検討してた、東京帰りのプロカメラマンさんとか、データ渡すなら、2万~3万はもらうとか、無茶言ってたのに、マリオは、すぐにくれて、5000円だって。この金額なら妥当だろう。

まぁ、カメラのキタムラが経営してるから、このデータで、キタムラで現像もしてね。と言う事なんだろうけど、それよりも、このデータを使って、年賀状を自分で作れるのがやっぱり大きかったよね。印刷については、その制作データを渡して、キタムラで年賀状にしてもらう事も出来るし。

何か、こだわりと言うかなんというか、スタジオアリスみたいな、用意されたテンプレに当てはめる事しか許さないって言う束縛は、嫌なんだよ。

例え、クオリティー的に落ちたとしてもな。

とまぁ、この3連休はこんな感じ。

明日からはまたお仕事だ。

写真代の4万円分も含めて、乗り切らんけど、お仕事がんばりますかね。

こんなでも、お父さんですのでな。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。