超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年08月30日19:35

小児麻痺と青空の世界

先日、東京へ出張してまいりました。オレの事をなんだと思ってんだよ・・・人ごみ嫌い、人が嫌い。結婚式で、筋肉少女帯の「人間嫌いの歌」を流した位人が嫌いなオレを人間がたんまりいる、あの都に連れて行くとは・・・何か、webデザイナーでもしていれば、静かに、机の前でいられるのかと思ったのに、意外と現実はそうでもないのね。しかも、お土産さえも変えないくらいの強行スケジュールだったしな。さてさて。チョッとタイミ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小児麻痺と青空の世界
2013年08月30日19:35      cat  :  気分
先日、東京へ出張してまいりました。

オレの事をなんだと思ってんだよ・・・人ごみ嫌い、人が嫌い。

結婚式で、筋肉少女帯の「人間嫌いの歌」を流した位人が嫌いなオレを人間がたんまりいる、あの都に連れて行くとは・・・

何か、webデザイナーでもしていれば、静かに、机の前でいられるのかと思ったのに、意外と現実はそうでもないのね。

しかも、お土産さえも変えないくらいの強行スケジュールだったしな。

さてさて。

チョッとタイミングを逃してしまったけど、8月にはどうしても「戦争」の話題が多くなってしまうと言う現実があったりなかったりする。

昔、クソ日教組の洗脳で極サヨク化していた時には、どれだけ嬲られようとも中国、韓国に対して徹頭徹尾、低頭で謝り続けなければいけないのだとか、文章を書いてた時期もあった志茂田さんですが、ここ最近の韓国の自滅活動のおかげで随分と目が覚めてまいりましたよ。

そもそも、韓国なんて、日本側で連合国と戦った側のくせに、被害者面してやがるしな。

と言う事で、戦争についてのお話(物語?)などもチョコット書いたこともあったりなかったりする。

その中の一つに「小児麻痺と青空の世界」と言うお話がある。

まず、タイトルの段階でおそらくこの世の中には出る事が出来ないであろう作品。アルバム「影の上のボーニョ」に収録されている10分近い大曲なので、もし、このCD持ってる人は聴きながら今回の記事を読んでくれたら、もうちびる。尿とか、精液とか、色々ちびるよ。

簡単に言えば、重度の小児麻痺で兵役を逃れ続けていた主人公の「青空」が、愛する人を守るために、自ら戦争へ赴く。と言うそんな話ですわ。

この話を書くきっかけとなったのは、言わずもがな、腐れチョンによる靖国参拝批判。

日教組は、そして、サヨクの方たちは、戦争は国家の洗脳であり、多くの人が無理やり戦場に駆り出され、そして、不本意のうちに戦死したと、至るところで言う。それは、教科書であったり、ドキュメンタリーであったり、映画であったり・・・色々な所で言う。

果たしてそれは事実だったのか・・・?

本当に、洗脳されてていただけなのか・・・?

確かに、そんな人も居ただろう。結構いたかもしれない。

でも、中には、洗脳ではなく、心から、大切な家族を守る為、自分の生まれ育った故郷を守る為に立ち上がった人は絶対数いたと思う。

先の大戦が必要だったのかどうか?アジアの開放にどう関わったのか?そんな話は、アホ捏造国家の中韓を省いたところで色々論ずれば良い。今は、そんな話じゃあない。

戦争になり、そして、家族が危険に晒されるとわかった時、守るために立ち上がった人は絶対居たはず。

そうして、立ち上がってくれた多くのご先祖さんのお陰で今の日本があり、そして、オレも存在していると言う事を忘れちゃあいけない気がする。

そんなご先祖さんが居る靖国神社を参拝する事を、なぜ、他所のキチガイに咎められなければいけないのか。

国を守り、故郷を守り、家族を守ったご先祖さんに敬意の念を持つ事と、戦争を賛美する事は全く意味が違う。

むしろ、この気持ちがなくなった時、この国に価値を見出せなくなり、そして、戦争が起こるような気がする。

サヨクの方たちのお陰で、「愛国心」を持つ事がイコール危ないヤツ。危険思想の持ち主。と言う、変なレッテルを付けられるようになってしまったけれども、あんな、自分が生きている事を当たり前に享受し、ご先祖さんを敬う事も出来ないような生ゴミなんて気にする必要はないと思う。

「小児麻痺と青空の世界」は、そんな思いを込めて描いた物語だったりする。

物語の最後、「誰にも知られず 歴史にも残らないまま 当たり前のように青空は帰ってこなかった あの子を残したまま帰ってこなかった そして戦争は終わった」で終わる。

この気持ちが国家に洗脳されただけで片付けられるのであれば、それこそ、「遺憾の意」を表明するしかないのでしょうね。

と、少し時期外れに書いてみたりした。

ちなみに、オレは絶対に戦争反対。ラブ&ピース。ジョンレノン大好きですよ。

でも、サヨクじゃあない。アレだけにはなっちゃあいけない。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。