超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年07月23日22:15

夢追いインザスカイ

人を殺すことのハードルが極端に低い・・・とは、どんな事なんだろう?笑いながら、耳の穴に煙草の火を押しあてる事が出来るのか・・・しかも、友人に。何かの研究で、まだ何も分からない赤ちゃんの目の前で、良い事と悪い事をしたら、赤ちゃんは、良い事をした時にはニコニコして、悪い事をしている時には、顔をしかめたとか何とか。人間には生れながらの道徳心がある。俗に言う性善説だと。そんな結論がでたらしい。だとしたら、...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢追いインザスカイ
2013年07月23日22:15      cat  :  気分
人を殺すことのハードルが極端に低い・・・とは、どんな事なんだろう?

笑いながら、耳の穴に煙草の火を押しあてる事が出来るのか・・・しかも、友人に。

何かの研究で、まだ何も分からない赤ちゃんの目の前で、良い事と悪い事をしたら、赤ちゃんは、良い事をした時にはニコニコして、悪い事をしている時には、顔をしかめたとか何とか。

人間には生れながらの道徳心がある。俗に言う性善説だと。そんな結論がでたらしい。

だとしたら、こいつらは何なんだろう・・・?

生まれ持った道徳心を、成長する過程で無理やり破棄させられたんだろうか?

自分の子どもがこの被害者側になってしまったら、オレはきっと、加害者全員に同じ事やったって気が済まないと思う。嬲り殺した位では、何の意味もない。

だって、この加害者は全員、生きてく価値もない屑だから。

・・・いやはや、例の広島のLINE事件の話ですよ。

さてさて。

日曜日には、ちゃんと選挙に行った志茂田さん。です。

ちゃんと、ゲラゲラ笑いながら、池上さんの選挙特番を見てました。(サッカーのような下等な球遊びに一喜一憂などしない。)

番組の最後に、池上さんが面白い事を言ってた。

「投票率が低い。特に、若い世代の人の投票率が極端に低い。政治家は、投票してくれる人のために政治をするので、投票してくれる年配の人のために、動いてくれますが、投票してくれない若い人たちのためには、なかなか動いてくれません。これは、とてもよくない状態です。なぜなら、これからこの国を支えるのは、若い人たちなのですから・・・」

若干違うけど、こんなニュアンスだった。

オレの一票なんて、特に意味はない。

と、思ってる奴はたくさんいると思う。し、実際、たかが一票で何か変わるものでもないかもしれない。

でも、問題はそこじゃあない。

大切な事は政治家と国民が、実は対等であるべきなんだと思う。

似たような例で、「三波春夫」さんの「お客様は神様」を勝手に勘違いして、店員に対して偉そうにしてる無知蒙昧なゴミもたくさんいる。

そもそも、この「お客様は神様」って言葉は、「お客様のところに神様がいるようなつもりで、丁寧に歌っている」と言う趣旨であって、決して「お客様=神様」じゃあない。

お店と客はあくまでも対等。

うまい料理や、サービスを提供してやってるんだから、金を払うのは当然。そもそも、金払いの良くないやつは、神様ところか、客ですらない。

なのに、金払いも悪い、性根まで貧乏な奴に限って「お客様は神様」とか言いたがる。

それと同じなんだと思う。

投票にも行かないで「社会が悪い」「国が悪い」とか言ってもしょうがない。

投票に行くと言う義務を放棄した段階で、国から補償される権利を放棄したも同然。

誰に入れても結局は一緒。だとしても、投票していると言う意思を示すことは、相手にする価値もない人間ではなく、相手にする価値のある人間だと政治家に認識させる意味があるんだろう。

などなど、今回の言葉で、何か色々と考えさせられてしまった。

テレビやマスコミしかない時代はもう終わった訳で、テレビでの洗脳も効果が薄れてきている。

それでも、昔の感覚で洗脳し、世論を扇動しようとしている老害は未だにテレビに出ていたりする。

例の関口宏だって、調子に乗って安倍ちゃんを批判しようとして、自分の無知蒙昧っぷりを全国にさらけ出してしまったわけだし。

そんな意味でも、本当は、昔よりはるかに1票が、世論を動かせるようになってきている。

逆に、テレビや新聞のように、情報を押し並べて整理してくれなくなってきている。氾濫する情報の中から、取捨択一するメディアリテラシーが必要になってきているんだろう。






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。