超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年03月10日20:56

ウロコの生えた政治家に従わなければ殺される

知り合いの人に「UDON」をみて感動したから、うどんを食べに行きたい。とか、そんな感じのお話をされた。んで、それに対して「UDON」に出てるうどん屋なんてことごとくガッカリするだけですよ。雰囲気を味わいたかったら言っても良いですけど・・・的な返しをしてしまった事を少し後悔してたりする。確かに、嘘は言って無いんだけど、もう少しオブラートに包むとかあったような気がする・・・せっかく、テンションが上がってたのに...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウロコの生えた政治家に従わなければ殺される
2013年03月10日20:56      cat  :  気分
知り合いの人に「UDON」をみて感動したから、うどんを食べに行きたい。とか、そんな感じのお話をされた。んで、それに対して「UDON」に出てるうどん屋なんてことごとくガッカリするだけですよ。雰囲気を味わいたかったら言っても良いですけど・・・的な返しをしてしまった事を少し後悔してたりする。

確かに、嘘は言って無いんだけど、もう少しオブラートに包むとかあったような気がする・・・せっかく、テンションが上がってたのに、水を差すようなことを言ってしまってゴメンなさい。

ただ、オレは「讃岐うどんブーム」のせいで、死んでいった本当に美味しいうどん屋を沢山知っているわけで、その意味で、麺通団に対しても、あの映画に対しても、結構憤りを感じたりしている。

当たり前の日常を破壊されて、もう戻ってこないというこの現状・・・

うどん屋さんとしては、お金が儲かったから良いんだろうか・・・?

ただ、それで香川県は多少なりとも、経済的に潤っているのなら、単純に否定ばかりも出来ないかもしれない。

難しい問題だよな・・・

さてさて。

何か日本のインディーズバンドさんが、反韓ソングを製作し、それを韓国の息のように嘘を吐くキチガイが暮らしている「ナヌムの家」に向けて送りつけたとかなんとか・・・

タイトルは「チョン斬れ」。

聞いてみたけど、なぁ別に普通だわな。歌詞が過激なといえば過激なけれども、センスが無い。と言うか、ストレート過ぎる。何と言うか、ただの悪口。しかも、それを送り付けちゃったとか・・・

この何の面白みも無い行為は、アーティストとしていかがなもんだろうとか思ってしまった。

って言うか、もっと言えば、自作自演じゃねぇ~の?ってすら思う。

有名な話だけれども、国家を垂れ流しながら街宣車で街中を走ってる「エセ右翼」は全部在日。こいつらは、一見して天皇崇拝をしているように見せかけながら、その実は、「右翼って怖い人たちなんだ」とか「人前で愛国心をさらす事は恥かしい事なんだ」とに日本人に植えつけてたりするどうしょうも無い奴ら。

この前なんか、日本の韓国領事館で問題起こして、韓国で反日が盛り上がったのに、捕まえてみれば、韓国人だったみたいな事件だってあった。

日本人としては、神経を疑うような事を平気でできる。プライドもクソも無い。チョンとは、そう言う生ごみのような民族だ。

だから、今回の件に関しても、日本人ならこんな事しねぇ~だろ・・・と言うのが、正直な感想だったりする。

いつもの自作自演だよ。

そもそも、前述だけど、センスが無いもん。

彼らがもし、ある程度考える脳みそがある本当の日本人で、日本の現状を憂いて、且つ、チョンに対してブチ切れているのなら、今回みたいな事はしないと思う。

そうでないなら、同じ日本人として、チョッと悲しくなるって・・・

彼らには、ぜひ「犬神サアカス團」の「恐山」を聴いてもらって、例え憂うべき状況であっても、それを作品として作り上げる事こそ、アーティストとしてのあるべき姿だと、知ってもらいたいと心のそこより願う次第です。

メッセージを発信し続ける事は大切だけど、ただ、暴言を吐けば良いって訳じゃない。

それは、あいつらがやってる事と同じだ。

餓死寸前の小汚いチョンが噛み付いてきたからといって、同じように噛み付くのは間違ってる。そんな生ごみには淡々と死んでもらうのが人間としての対応だって。

と、少しだけ書いておこう。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。