超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年01月05日00:23

絶望その1

やあみんな。なんか知らんけど、親族、知人友人、職場などなどいろんな人から、心配やら祝福やらいただいておりますが、まだだからな。と言う事で、今日のところは、そのありがたい気持ちを歪にねじ曲げて、ポエミィーに最近書いた詩をひとつ、皆様にお送りいたしましょう。とっても、ポップでハピネスな歌だから、きっと皆様も感情移入しやすいと思うよ。ちなみに、こいつは、多分、次回作「王道軽傷」に収録予定の曲の歌詞でもあ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶望その1
2013年01月05日00:23      cat  :  世界観
やあみんな。なんか知らんけど、親族、知人友人、職場などなどいろんな人から、心配やら祝福やらいただいておりますが、まだだからな。

と言う事で、今日のところは、そのありがたい気持ちを歪にねじ曲げて、ポエミィーに最近書いた詩をひとつ、皆様にお送りいたしましょう。とっても、ポップでハピネスな歌だから、きっと皆様も感情移入しやすいと思うよ。

ちなみに、こいつは、多分、次回作「王道軽傷」に収録予定の曲の歌詞でもあったりする奴だ!!



【絶望 その1】

殺したくて
殺されたいのです

年に一度や二度
ちょうどこの季節になると
少々の悪意と共にヒラヒラと舞う少女のスカートの裾の様に思い馳せるのです

人を傷つけることだけが本当に生きていく術なのでしょうか

すべからく全ての人間は
画一的にすべからく憎しみだけで繋がります

いくばくかの幸せはありもしましょうが
逃げ果せるはずもない悲しみは
どうしようもなく強大で殲滅的でした

降り注ぐ雨は
しず心なく茅の屋根を打ち
まるで掴まれた心の臓のようです

いつ止まるやも分からずに
そうやって、今だけは、嘲笑に似た笑みもこぼれました

振り下ろした小さなナタは
幼子の戯れる公園にあるポプラの木を傷つけるには十分で
どうする訳でもなく朽ちていきました

「さようなら」

言うことでどうなる訳でもないわけで
言わなかったからどうなる訳でもありません。

ただ、もう動くことのないあなたの見開いた目を見るにつれて
ようやっと理解いたしました

これが絶望と呼ばれる感情なのですね





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。