超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年01月03日21:49

どれが君のガラクタ 何が君の宝物

例の靖国神社の放火犯。な、生ゴミチョン。日本への引渡しについて、韓国側が正式に拒否することが決まったらしい・・・(↓)http://news.livedoor.com/article/detail/7285046/相手は、日本の活動家が落書きした杭を設置しただけで引き渡せとか言ってきてるくせに、歴史建造物に放火したやつは問題ないとか。さすが、脳髄までキムチで出来ている方の思考回路は凄まじい・・・新年早々異常に気分が悪いわ。いや、あの土人国家の対...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どれが君のガラクタ 何が君の宝物
2013年01月03日21:49      cat  :  気分
例の靖国神社の放火犯。な、生ゴミチョン。日本への引渡しについて、韓国側が正式に拒否することが決まったらしい・・・(↓)

http://news.livedoor.com/article/detail/7285046/

相手は、日本の活動家が落書きした杭を設置しただけで引き渡せとか言ってきてるくせに、歴史建造物に放火したやつは問題ないとか。さすが、脳髄までキムチで出来ている方の思考回路は凄まじい・・・

新年早々異常に気分が悪いわ。

いや、あの土人国家の対応については、当然だと思う。だってそんな、例えば、その辺の野良犬に噛まれたからと言って、それを野良犬に抗議したところで、聞く耳持たずで噛み付いてくるのは当たり前。あいつらに、まともな国際条約とかを守れるとか期待するからいけない。あいつらは、ただの池沼国家。

気分が悪いのは、そう言う(下手したら、野良犬の方が恩義とかある分遥かにマシなだけども)非人間のゴミチョンに対して、何ら強気に出ることのできない日本政府側だ。

これまで、日本側は、シナチクのアホ活動家とかをことごとく開放してきている。

だから、今度は、こんな舐めくさった対応をとられるんだと思う。せっかく、ミンスから変わって、日本から在日含む生ゴミを掃除しようと言う動きも見え始めているんだから、そのまま、この大掃除をしっかりやってもらいたいもんだ。

それで、もしあのゴミチョンがファビョろうとも無視すればいい。国交断絶ならむしろ喜ばしい。戦争なんかできるわけない。あいつらは、野良犬と一緒で、ちょっと蹴り上げれば、キャンキャン言いながら逃げていくだけなんだからな。

さてさて。

「爆音列島」がついに完結してしまいました。

ほとんどの単行本を所持している大好きな漫画家さん「高橋ツトム」の自伝的漫画。(多分、全部単行本持ってる漫画家さんって「岩明均」「荒木飛呂彦」「徳弘正也」「慢画太郎」くらいしかないと思う。)

途中、「士道」のせいで(そういえば、「士道」だけ持ってないや・・・)なんかないがしろにされてる感もあったけれども、ちゃんと10年以上の歳月をかけて完結してしたことがまず嬉しい。

んで、個人的には、あんまり「ヤンキーモノ」とか好きじゃあないけれども、それでも、最終話を読み終えて、なんだか泣いてしまった。

素晴らしい作品だこれは。

ここまで生きてくる上で、ヤンキーとか、不良とか、暴走族とかとは、ホント、接点がないというか、むしろ、カツアゲとかされてきた部類の人間なわけで、その手の漫画とか、ホント苦手なんだけど、この話は大好きだった。

それがなんなのかは、よくわかんない。

内容読んでてても、やっぱりアウトロー独特の思考回路とでも言うのか、オレにはよく分かんない話がどんどんと展開していく。そこは、やっぱりオレとは違う。

じゃあ、何に惹かれたんだろう・・・とか考えてみた。

そこは、やっぱり自伝的な作品であり、リアリティーがあったんだろうなとも思ってみた。

でも、多分違う。

最終話まで読んでみて思った。

多分、この漫画の主人公も、根本の部分は同じなんだ。大人になっていく過程で、やっぱりどうしても納得できない部分があって、そこについて、いろいろともがき苦しみながら、結局は、大人になっていくんだろう。

もがき方に大同小異あろうとも、その過程は誰でも同じなわけで、そうして感情移入していった結果、なんだか、最終話で、泣いてしまったんだろう。

いつか来るであろうその時を描いた、正に、青春群像劇として読めば、誰にでも感動できる漫画なんだということだと思う。

そんな意味で「グミチョコ」とだって、そんな変わりないんだと思う。

バンドでも、漫画でも、バイクでもなんでもいいんだよ。そんなもんは。

・・・そういえば、そんな話が書きたくて、「超ニュースチョクホー」って小説も書いてたんだ。オレは。




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。