超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2013年01月02日23:27

容赦は大儀の敵

先日、60くらいのおばあちゃんが「年配の方だからできるだけ柔らかいものが・・・」とか言ってるのをふと耳にした。いや。あなたも十分に年配だ。前々から言ってたけれども、人には、それぞれに年相応というものがある。60歳は、もうおばあちゃんだ。年配の方だ。美魔女とか言って50代なのに20代に見えるとか、それ最悪だからな。それは、普通の人間が50年かけて獲得していくモノを投げ打って、エセの20代の見た目になるように。そ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
容赦は大儀の敵
2013年01月02日23:27      cat  :  気分
先日、60くらいのおばあちゃんが「年配の方だからできるだけ柔らかいものが・・・」とか言ってるのをふと耳にした。

いや。あなたも十分に年配だ。

前々から言ってたけれども、人には、それぞれに年相応というものがある。

60歳は、もうおばあちゃんだ。年配の方だ。

美魔女とか言って50代なのに20代に見えるとか、それ最悪だからな。それは、普通の人間が50年かけて獲得していくモノを投げ打って、エセの20代の見た目になるように。そんなことばっかり考えてきた空っぽの人生だ。

10代には10代の良さがあり、20代には20代の良さが有り、30代には30代の良さがある。

それを理解できないまま、自分が60歳になっても、若いつもりでいるとか愚の骨頂。

60代になったのなら、良いおばあちゃんになることに尽力したほうが良い。その方が、絶対にいい人生だ。

今年で30なので、オレは、これから良いおっさんになることに尽力いたします。

さてさて。

例年なら、年末に書いてたのに、仕事が忙しくて最近すっかりこの時期に書くようになった、昨年の振り返りでございます。

昨年1年。振り返ってみると、近年稀に見る何にも作らなかった1年だったような気がしないでもない・・・けれども、取りあえず・・・


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


〇馬忠・DA・ムドーのケンヂくんになりたかった【ロマンズ クエスト ファンタジーXXXVⅡ~竜王を探せ~】サントラ集
と言うね、なんとも長ったらしい(と言うか、馬忠らしい)、馬忠・DA・ムドーの3年ぶり8枚目のアルバムを製作いたしました。今回は、架空のゲーム「ロマンズ クエスト ファンタジーXXXVⅡ」のサントラ集と言う、よく分かんないコンセプトをもとに、本当に「街の音楽」とか「フィールドの音楽」「バトルの音楽」などなどを作っていきましたよ。ちなみ、スーファミ音源をイメージして、できるだけ電子音、4チャンネルいないなど、勝手に制限をつけた中で作っていった。これがまた楽しかった。実に良い名盤ができたと思う。今回のボーナストラックは、演劇用に書き下ろした台本「観客3人のライブイベント」のテーマソングと、7年前に制作した、馬忠・DA・ムドーの4枚目のアルバム「大日本帝国産業【萌え】」に収録してた「君とふたりで」の再録。もちろん「ケンヂくん」とは、オーケンであり、20世紀少年の「遠藤ケンヂ」であり、カレーライスとかで有名な「遠藤ケンヂ」であり、そして、サントラと言う事で、偉大な作曲家イトケンでございます。


〇観客3人のライブイベント
昨年、「アクアコーラス」さんに提供した演劇用の台本「手のひら収集家の末路」が何げに好評だったので、「今年もなんか書けよ」みたいなご依頼を頂きました。で、メンドくさいありがたく、頭を床にこすりつけて書き下ろさせていただきましたよ。な演劇用の台本。今回のが、好評だったのかはよくわからないけど、個人的には実に良いものが書けたと思ってる。で、そのテーマ曲として、同名の「観客3人のライブイベント」と言う曲も書いてみましたとさ。


〇US (200ページ)
オレは、この物語を20代のあいだに描き上げるんだと何年も前から決意していたわけで、気がつけば、もう20代は終わりを迎えようとしている。そして、昨年の誕生日から1年間、この「US」と言うお話のラストスパートを始めたわけでござます。とは言え、色んなものと同時並行だったりするし、かと言って、クオリティーを著しく下げたくもないので、2週間に20ページというローペースながらも、確実に描いていく作戦で言ってる感じ。取りあえず、今のところ、いいペース。この調子なら、おそらく春頃には、完結を迎えることだと思う。今年、創作活動が多岐に渡らなかったのは、間違いなく、この作品を描いてたからだと思う。


〇子どもは老人に励まされた
「永遠の向こうにある果て」以降に書き始めた小説。今回は、恋愛などをテーマに書いてみようと試みては見たものの、自分の年齢を思い知り、それどころじゃなくなった為、現在は、ちょっと執筆をストップさせてる。「US」が完成次第、こちらも、再び書き出す予定。と言う事で、今はまだ未完の状態。



〇夢喰いバクヲとウミィ・マミィ
10年くらい前にやっていたバンド「仁美・mine」で作った2枚のミニアルバムの楽曲を、当時の演奏をできるだけ再現させて録り直そうと言う感じで制作したアルバム。かと言って、当時のメンバーを呼び寄せたりそんな事はしてないので、このアルバム自体がありなのかどうかはよく分からない。でも、当時のメンバーのひとりにあった時に、このCDを渡すと、「ありがとぉ~」ってめっちゃ喜んでくれたので、あの笑顔だけでも、良しとしよう。そして、このアルバムが出来上がったことで、やっとこさ、「黄泉」完成以降ストップしてた音楽制作も再開し始めた。ストックというか、宙ぶらりんの曲もなくなったことだしな。



とまぁ、このくらいしか、本当に作ってない。ただ、「影の上のボーニョ」以来のオリジナルアルバムの構想が大分固まってきている。

すでに、「絶望1」「カポをつけて奏でる発狂者」「今宵【ただいま】はゼロになる」「ジェノサイドラブレター」「お耳汚しを召し上がれ」「犬神一座の大サーカス」「白痴にも書けるラブソング」辺りが完成している。

こいつらのレコーディングに入れるのは、まだあと1年位後だとは思うけど、なかなかいい感じにバラエティー豊かなモノができそうな気がしている。

今年は、取りあえず「US」の完結と、このアルバムのレコーディング開始を目標にのんびりやっていきます。

まぁ、そんな感じでございますです。

ではでは。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。