FC2ブログ

超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
2006年05月05日21:23

図書館で大泣きした22歳になる社会人

彼女がズ~ッと行きたがってた県立の図書館。実は、オレの今に家から、車で5分くらいの距離。散歩がてらに、ぶらぶら2人で歩いていった。・・・甘かった。図書館に着いたころには2人ともヘロヘロ・・・1時間近く歩いてた。5分ってのはあくまでも、オレの愛車の「浩満くん」に乗っての話なんだって事を再認識。図書館では、メンドイ本なんか読めるわけも無いんで、児童文学・・・絵本のコーナーに直行。小さな子どもに混じって...
この記事を見てみる  ⇒
図書館で大泣きした22歳になる社会人
2006年05月05日21:23      cat  :  気分
彼女がズ~ッと行きたがってた県立の図書館。実は、オレの今に家から、車で5分くらいの距離。散歩がてらに、ぶらぶら2人で歩いていった。・・・甘かった。図書館に着いたころには2人ともヘロヘロ・・・1時間近く歩いてた。5分ってのはあくまでも、オレの愛車の「浩満くん」に乗っての話なんだって事を再認識。

図書館では、メンドイ本なんか読めるわけも無いんで、児童文学・・・絵本のコーナーに直行。小さな子どもに混じって、2人で絵本をむさぼり読みました。グラサンかけた厳つい兄さんが絵本を読んでるというのは、かなり不思議の国のアリスだけど、まぁ、それでも、なかなか面白かった。

特に良かったのは、誰が書いたのか忘れたけど「大きな木」ってヤツ。彼女に読んでもらって(今考えたら、図書館で本を音読って、メッチャ迷惑な気が・・・)んで、オレはその内容に泣いてしまった。いっぱい子どもがいる。絵本コーナーで。

そんなこんなで、彼女とのプチ同棲。二泊三日は終わっていきましたとさ。

・・・はぁ~明日から、また仕事か・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム