超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年10月03日21:34

ありがとう。もう会うことはないだろうけどね

「ここは何処の細道じゃ」のPVって、いつ見ても素晴らしい出来だよな。スクリーミングマッドジョージ大先生の素晴らしいところは、犬神サーカス団と言うバンドの表現する世界観を忠実に再現していることろだと思う。犬神サアカス團のアルバムは、もう予約済みでございます。ううう・・・楽しみだよぉ。この世界に悪意と毒をブチまきたいと悶々と考えていた志茂田さんですが、すっかり丸くなってしまいました。なんでこんな事になっ...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう。もう会うことはないだろうけどね
2012年10月03日21:34      cat  :  気分
「ここは何処の細道じゃ」のPVって、いつ見ても素晴らしい出来だよな。スクリーミングマッドジョージ大先生の素晴らしいところは、犬神サーカス団と言うバンドの表現する世界観を忠実に再現していることろだと思う。

犬神サアカス團のアルバムは、もう予約済みでございます。

ううう・・・楽しみだよぉ。

この世界に悪意と毒をブチまきたいと悶々と考えていた志茂田さんですが、すっかり丸くなってしまいました。

なんでこんな事になってしまったんだろう。

いつまでも、悪意を持ち続けているこのバンドの凄まじさにもっと気が付くべきだと思う。

筋肉少女帯ですら「世界中のラブソングを君に」とか唄ってるんだぞ。

さてさて。

何か、10月1日から、違法なダウンロードが法律違反になるらしい。

まぁ、基本的に、好きな音楽しか聴かないし、好きな音楽は、自分でCDをお買い上げするオレには、あんまり関係ない話ではある。YOUTUBEはよく見てるけど、それを見る分には、何にも問題ないらしいし・・・

ただ思うのは、未だに音楽業界の皆様がたは、CDが売れない理由が、ネットでの違法ダウンロードだと考えているのか・・・と言うことだ。

本気でそう思っているのであれば、それはかなりた意外な話だと思う。

だって、オレが子どものころから、レンタルCD屋には、これを使ってコピーしてくださいと言わんばかりに、テープやMDを売ってたわけで、ダビング機能の付いてるコンポだって今よりかなりの数売られてた。

今と同じく、「買うまでもない曲」は、そんなトコで借りて、コピーして、チョッと聴いて飽きたら次の奴に上書きとかしてた。

でも、GLAYの「SOUL LOVE」を聴いた時、ラルクの「侵食」を聴いた時、サザンの「愛の言霊」を聴いた時、TMレボリューションの「White Breath」を聴いた時、そのCDをどうしても手元に置いておきたくてしょうがなかった。そして、その8cmのCDを持ってることで、どれだけテンションが上がったことか。

あの頃、確かにどっちを向いたってB'zの「Pleasure」持ってないやつが居なかった。

それは、違法にダウンロードできなかったからじゃあないと思う。

共有ソフトで、データを違法にダウンロードできたとしても、オレは、間違いなくあの金色に輝くアルバムを買っていたと思う。

実際に、テレビでも、最近の曲より、昔の曲ばっかり特集してるような気がする。

そろそろ気が付くべきだ。

CDが売れない理由は、単純に1000円も払う価値のない曲だと、みんなが思ってるだけなんだと。

ライブに行くのは、新曲が聴きたいからじゃなくて、往年の名曲をやってくれるからなんだと。

どうして分からないんだろう・・・

エイベックスの皆様は、TK全盛期の名曲に、今の曲が勝っていると本気で思っているんだろうか?

ビーイングの皆様は、90年代初頭の名曲に、今の曲が勝っていると本気で思っているんだろうか?

トイズファクトリーの皆様は、バンドブーム時代の名曲よりも、今の曲がギラギラしてると本気で思っているんだろうか?

などなど、不思議で不思議でしょうがない日々でございます。

AKB48が、握手券が付かなくなったあとでも、その辺の曲よりずっと売れていると言う現実をどう見るべきなのか。良い悪いは置いといても、AKBの曲って、90年代とかのアイドルのニオイが残っていると思う。と言うか、まだ普通に聴けるし、十分良い曲だと思う。

物事は常に進化し続けていかなければいけないらしい。

今の時代、手塚治虫の「メトロポリス」がジャンプで新連載したら、10週で突きぬけるかも知れない。

多分そんなもんだ。あの時代だから良かった。と言う補正がついて、手塚治虫のマンガは素晴らしい。60年前で、今でも通用する普遍的な作品を描いていたことは、圧倒的に素晴らしい。

小説も多分そうだ。江戸川乱歩は、100年近く前に、引きこもりニートの恋愛を描いたから素晴らしい。今、同じ作品を書いても「NHK」止まりだ。でも、それを誰も見向きもしなっか100年前に書いて、そして、その心理が今の時代でも普遍的に心を動かすから素晴らしい

でも、音楽は、昔の方が良かった。

誰も望んでいない方向に進化した結果、大局的に見れば退化してしまったのだろう。

それは、とても残念なことなのです。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。