超コツコツ日記

このブログは志茂田さんがたまに思いついた事を不定期にコツコツ更新するものです。 知らせていただけたら相互リンクもしますんで。
--年--月--日--:--

スポンサーサイト

この記事を見てみる  ⇒
2012年07月23日22:13

あの日約束したお別れの日は近い

「おまえらが頑張らんから、売上が上がらん。だから、お前らの給料も上がらん。全部お前らがやる気がないから。」と言う、激をいただきましても・・・そんな言い方されたら、逆に経営陣の無能さに呆れて見限ります。って話になるしかないんじゃないだろうか・・・実際に、どんどん人居なくなってるじゃんか・・・どうして、分からないんだろう・・・と、まぁ、そんな話。よし。愚痴はここまでだ。昨日買った「アラバスター」の秋田...
この記事を見てみる  ⇒
スポンサーサイト
--年--月--日--:--      cat  :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日約束したお別れの日は近い
2012年07月23日22:13      cat  :  気分
「おまえらが頑張らんから、売上が上がらん。だから、お前らの給料も上がらん。全部お前らがやる気がないから。」と言う、激をいただきましても・・・

そんな言い方されたら、逆に経営陣の無能さに呆れて見限ります。って話になるしかないんじゃないだろうか・・・

実際に、どんどん人居なくなってるじゃんか・・・どうして、分からないんだろう・・・

と、まぁ、そんな話。よし。愚痴はここまでだ。

昨日買った「アラバスター」の秋田書店版の単行本が、まさかの初版本だった志茂田さんです。しかも、かなりの美品だった。

さてさて。

これまでも何度か書いた事のある話だけれども、オレには、死ぬまでに書いておきたい物語がいくつかある。そして、もし、生きているうちにその全ての物語を描き切る事が出来れば、きっとその先には、何か素敵な事があるんじゃあないだろうかと妄想にふけっている。

その中の一つに「US」と言うお話がございます。

描き始めたのは実に高校生の時。第1話を書いてから実に10年以上の歳月が経過している。

そして、その間。本当に、当初思い描いていた世界観と設定を忠実に描き続け、第1話を描く前に作った設定ノートに書いていた全15部で、物語は終焉を迎えそうになっている。

大学を卒業したころから、少しずつ漫画とかを描く時間が減っていったオレは、当時、ひとつの締め切りをもうけた。

30歳までにこの物語を完結させよう。

それから、もう何年か経過してしまった。

完結まであと14話とエピローグだけと言うところまで描いている。

でも、ふと気がついた・・・もう来月には、オレは29歳になっちゃうんだよ。

これから、毎月1話ずつ描いたとしても、もう30歳までに完結させる事が出来ない。

そう考えてから、少しずつ焦りはじめている。

この物語の終わりを描く日が、どんどんと近づいている。

物語を始めるには、何の力もいらない。でも、終わらせるには、物凄い力が必要な事を実は、これまでの経験から知っている。

これからの1年。

ひとまずの目標が出来た。

この10年以上に渡った物語を終わらせるという目的が。

来年の今頃、エピローグに手をかけている事を夢見ながら、久々に、次の1ページに取り掛かろうとしている。

そうなれば良いなぁ~。ジョニィ・・・

お別れの日は近い。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

つぶやきの一言

志茂田 聾二

Author:志茂田 聾二
偶然と必然に彩られたまま
気がつけば
こんな瞬間を過ごしておりました

長い一日が過ぎ
短い一年を過ごし

新しい命とともに
ただ
目の前にある情景を
少しずつ刻み込む毎日に
もうそれで
何も足りないものなど
ありはしなくなりました

カピ次郎君とカピニュウム3世
黒うにん
ドン・キホーテ
集まったはぐれ”うにん”
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。